• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

動き出したクラウドロボティクス

続々とクラウドにつながるロボット、新ビジネスモデルやIoTサービス創出

岡田 薫=日経コンピュータ 2016/03/09 日経コンピュータ

 ロボットがクラウドにつながることで新しいサービスを生み出す取り組みが拡大している。

 代表的なのが、ロボットが収集したデータを分析するIoT(Internet of Things)の考え方だ。工場の産業用ロボットがクラウドにつながることで、故障予知が可能になる。

ファナック:自動車メーカー向け産業用ロボットの故障を予知

 産業用ロボットの稼働率向上を目指して、クラウド連携させるのがファナックだ。2016年夏に、自社製の産業用ロボットの故障を事前に検知して通知するオプションサービスを提供開始する計画だ。「搭載する部品が2週間後に壊れる、といった予知を可能にする」(ファナックの稲葉清典 専務取締役ロボット事業本部長)。

 ファナックは同サービスの開発に当たって、米シスコシステムズと共同で、自動車メーカーの北米工場で生産ラインの停止時間を削減するプロジェクトに取り組んできた(写真1)。産業用ロボットはセンサーを搭載し、搭載するモーターやベアリングの稼働状況、損耗具合に加え、工場内の気温などを計測している。

写真1●ファナックが提供する産業用ロボットの故障予知サービスのイメージ。
(2016年1月のシスコシステムズとファナックの発表会にて撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 これらのデータを収集・分析するためのプライベートクラウドの構築を、シスコシステムズに依頼した。「12カ月間にわたって検証した結果、生産設備のダウンタイムをほぼ100%なくせるといった成果が得られた」(ファナックの稲葉専務取締役)という。

 ターゲットは、自動車メーカーだ。ファナックは月当たり約2500台の産業用ロボットを自動車メーカー向けに出荷しているという。これらのロボットに対してオプションサービスとして提供し、工場における生産ラインの停止時間の削減を狙う。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ パソナテック:顧客情報を収集してkintone...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る