• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

日経コンピュータ創刊900号記念、ITの過去、現在、未来

[プロジェクト実態調査800社 7][契約]上流工程でも多い「請負」

矢口 竜太郎=日経ソリューションビジネス,吉田 洋平=日経コンピュータ,編集:中村 建助=日経コンピュータ 2015/12/08 日経コンピュータ

 コストと納期、品質の3ポイントで、システム開発プロジェクトの成否を調査した、日経コンピュータによる2008年調査の結果を再掲する。

 7回目は契約についての分析だ。プロジェクトの成否との因果関係は断言できないが、ベンダー依存の傾向が見て取れる。

 固有名詞、役職などは当時のままで掲載する。


 システム開発プロジェクトを成功に導くには、ベンダーとどのような契約を結んでいるかも大きなカギを握る。ユーザー企業自身でプロジェクトを主導しようと考えているか。それとも、ほとんどをベンダー任せと考えているのか。契約の実態から、ユーザー企業とベンダーとの関係が浮かび上がってくる。

 今回の調査では、プロジェクトのフェーズを大きく「要件定義」「システム企画」「システム設計」「開発」「テスト・移行」の5段階に分け、それぞれについてベンダーとの間でどのような契約をしているか聞いた。契約形態は「請負契約」「準委任契約」「派遣契約」「契約していない」の四つから選択する形式を採った。

要件定義で「準委任」は2割に満たない

 図1はプロジェクトの工程別にみた契約形態である。いずれの工程においても、多かった契約形態は「請負契約」。「契約していない」「準委任契約」がこれに続く。「派遣契約」は1~2%程度だった。

図1●ベンダーとの契約形態
要件定義、システム企画でも約半数は請負契約を結んでいる。有効回答は416件
[画像のクリックで拡大表示]

 プロジェクトの上流工程に当たる要件定義とシステム企画をみると、どちらも最も多かったのは請負契約である。それぞれ55.1%、55.2%と過半数を占めた。これに対し、準委任契約は17.5%と15.2%である。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 経済産業省の「モデル取引・契約書」などでは、要件...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【USBの謎】

    USB給電に異常アリ?粗悪品が生まれる謎

     PCの外部インタフェースとして普及したUSBは、信号の送受信と同時に電源を供給する役割がある。給電側と受電側が折衝し、適切な電力を供給する。ところがUSB Type-Cケーブルによっては、機器の破損につながりかねない挙動を示すという「謎」が存在する。

  • 【LPWA最前線】

    存在感を示せるか?桁違いの飛距離見せるソニーのLPWA

     LPWA(Low Power, Wide Area)は、長距離伝送と低消費電力を特徴とするIoT(インターネット・オブ・シングス)向け通信技術の総称である。通信コストを現在のM2M(マシン・ツー・マシン)向け通信サービスの10分の1くらいまで下げられるかもしれないという期待もあり、注目を集めている…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る