• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

日経コンピュータ創刊900号記念、ITの過去、現在、未来

[プロジェクト実態調査800社 6][品質]満足なシステムは半数

矢口 竜太郎=日経ソリューションビジネス,吉田 洋平=日経コンピュータ,編集:中村 建助=日経コンピュータ 2015/12/07 日経コンピュータ
出典:日経コンピュータ 2008年12月1日号pp.47-49
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 コストと納期、品質の3ポイントで、システム開発プロジェクトの成否を調査した、日経コンピュータによる2008年調査の結果を再掲する。

 6回目は品質についての分析だ。要件定義とテストという二つの山が成功の前に立ちはだかる。

 固有名詞、役職などは当時のままで掲載する。


 最後は最も成功率の低い品質だ。品質の成功率は図1の通り。「計画通りに利用しており満足」の51.9%を成功とみなし、そのほかは失敗とする。失敗には「計画通り利用しているが不満足」という意見を含んでいる。

図1●完成したシステムの満足度
有効回答は212件
[画像のクリックで拡大表示]

 品質成功率の有効回答は212件と、納期や品質と比べると約半数に落ちた。これは「システムは現在開発中のため利用状況の評価はできない」と答えた226件を引いたためだ。

 成功率は5年前と比較すると46.4%から5.5ポイント上昇した。コストの成功率が低下したことを考えると、「多少コストを追加しても、満足度を高めようとしているのかもしれない」(ガートナーの川辺主席アナリスト)。

 規模別では5000万円以下の小規模のほうが満足度が高い結果になった(図2)。小規模では64.9%が満足だったが、中・大規模では5割程度に落ちる。企業規模の回答とクロス集計したため有効回答は195件となり、全体の成功率とは整合しないが傾向は見て取れるだろう。大規模案件のほうが要件が複雑になり、満足度も下がるといえる。

図2●プロジェクト規模別の品質の評価
小規模は6割以上が満足だが、中・大規模では5割程度に減る。有効回答は195件
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ テスト・移行に不満の原因
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    SEの仕事とは?子供にどう説明すべきか悩む

     以前聞いた話だが、30代のあるSEが4歳の娘から「パパはどんな仕事をしているの?」と尋ねられ、とても困ったそうだ。ITやエンジニアという言葉を使っても、おそらく理解してもらえないはず。自分の仕事を分かりやすくかみ砕いて説明するにはどうしたらよいか。悩んだ挙げ句、彼はこんな説明をしたそうだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る