• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

シリコンバレーNextレポート

「Google CloudはAIを民主化する」、動画認識APIやKaggle買収などを発表

中田 敦=シリコンバレー支局 2017/03/09 シリコンバレー NEXT

 「Google CloudはAI(人工知能)を民主化する」――。米スタンフォード大学から米Googleに移籍したAI研究者のFei-Fei Li氏は2017年3月8日(米国時間)、米サンフランシスコで始まった「Google Cloud Next 2017」の基調講演でこう語り、AIクラウドの新機能などを発表した。

 Google Cloud Nextは、Googleが毎年開催するクラウドのカンファレンス。初日の基調講演にはGoogleのSundar Pichai CEO(最高経営責任者)や同社クラウド事業部門のトップであるDiane Greene上級副社長などが登壇したが、新機能の発表は2016年11月にGoogleに移籍したばかりの著名AI研究者、Fei-Fei Li氏が担当した(写真1)。Li氏は画像認識アルゴリズムの開発に必要なデータセットを研究者に提供する「ImageNet」プロジェクトの立役者として知られる。

写真1●「Video Intelligence API」を発表するGoogleのFei-Fei Li氏
[画像のクリックで拡大表示]

 GoogleではAI&機械学習担当チーフサイエンティストを務めるLi氏は基調講演で、AIはより多くの人々に利用されてはじめて、社会や経済に大きなインパクトを与えるものだと指摘した。Li氏は「すべての自動車が自動運転車になれば、渋滞は大幅に減少し、駐車場不足も解消し、都市を根本的に変えていく。AIで重要なのはスケール(規模)だ。誰もがAIを使えるようになれば、社会は大きく変貌する。そのためにはAIの民主化、AIを誰でも使えるようにすることが必要だ」と語り、「それを実現するのがGoogle Cloudだ」と主張した。

 Google Cloudは「AIの民主化」を実現するために、(1)計算能力(コンピュート)の民主化、(2)アルゴリズムの民主化、(3)データの民主化、(4)才能(タレント)の民主化という四つの民主化を進めていくという。

 計算能力の民主化を実現するために、機械学習に必要なコンピュータ資源をオンデマンドで提供する「Cloud Machine Learning(ML)」を提供する。Cloud MLは2016年9月にベータ版の提供を開始しており、今回サービスが正式版に格上げされた。

動画の被写体をキーワード検索

 アルゴリズムの民主化のためにGoogleは、ユーザーがアルゴリズムを開発しなくても、画像認識などのAIをアプリケーションに組み込めるようになる各種API(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)をクラウドのサービスとして提供している。Li氏は今回、新しいAPIとして動画認識APIである「Video Intelligence API」を発表した。Googleのクラウドにアップロードした動画の被写体をAIが認識することで、被写体をキーワード検索で見つけ出せるようになる(写真2)。

写真2●「Baseball(野球)」というキーワードで動画を検索した結果
[画像のクリックで拡大表示]

 AIのAPIとしてGoogleは既に、音声認識の「Cloud Speech API」、画像認識の「Cloud Vision API」、機械翻訳の「Cloud Translate API」、自然言語解析の「Cloud Natural Language API」を提供している。音声認識や画像認識のAPIは米Amazon Web Services(AWS)や米Microsoftなども提供しているが、データ量が大きく解析するのに大量のマシンパワーを必要とする動画認識のAPIを提供するのは、Googleが初めてとなる。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ データの民主化に関してLi氏は、「Kaggle」...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ITpro Report】

    トヨタとチームラボが作った「Mobilmo」で思わず童心に返る

     トヨタとチームラボが共同で開発した知育アプリケーション「Mobilmo(モビルモ)」が2017年7月14日に配信を始めた。回転する車輪やロケット風のエンジンなどを組み合わせて、自分で操作するロボットを作成。舞台となる惑星を探検したり、他のユーザーにアピールしたりする。実際に遊んでみると、その奥深さ…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る