• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

戸田覚のIT辛口研究所

超高性能の14インチモバイルZenBook、ゴールドは好みが分かれる

戸田 覚=ビジネス書作家 2017/10/10 ITpro

 ASUSは相変わらず新しいパソコンを矢継ぎ早に投入している。今回新たに、フラグシップモデルとも言える「ZenBook 3」の最上位機「ZenBook 3 Deluxe」が登場した。

 外観は、まさにZenBookのそれである。独自のスタイルをキープしつつ、高性能なハイエンドモデルとして投入してきたのだ。早速その魅力をレビューしていこう。

 さて、まず注目すべきはディスプレイで、1920×1080ドットのフルHD液晶が、なんと14インチだ。極薄のモバイルノートというと、その多くが12~13インチだっただけに、ちょっと新鮮な大画面だ。

 気になる重量は1.2キログラムと、日常的に負担なく持ち歩ける軽さに収まっている。

 14インチのモバイルノートというと、レノボ・ジャパンの「ThinkPad X1 Carbon」が頭に浮かぶだろう。このサイズでずっとトップを走ってきた製品だからだ。

 両者を比べると、ZenBook 3 Deluxeのほうが少し大きく、若干重い。しかし、薄さでは軍配が上がる。スタイリッシュなのはZenBook 3 Deluxeで、ThinkPad X1 Carbonは質実剛健といった印象だ。

見た目はZenBookらしいデザインだ。厚さは12.9ミリと、とてもスリム。(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
「ThinkPad X1 Carbon」(手前)と比較すると、底面積が若干大きい。
[画像のクリックで拡大表示]
15.95ミリのThinkPad X1 Carbon(左)よりも一段と薄い。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ ゴールド仕上げにはちょっと恥ずかしさも
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る