• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

戸田覚のIT辛口研究所

旅行の前にGoogleフォトを使いこなせるようにしておこう

戸田 覚=ビジネス書作家 2017/08/08 ITpro

 この季節は旅行に出かけることも多く、写真撮影の機会も増えるものだ。今回は撮影後の写真の保存や管理、シェアに活躍する「Googleフォト」について紹介しよう。

 まずは、iPhoneやAndroidスマホで設定しておくべき項目を押さえておきたい。旅行先で撮影した写真は自動的にGoogleフォトにバックアップできるので、とても楽で、安全だ。万が一スマホが故障したり、紛失したりしても、写真を保全されるのだから言うことなしだ。

 ただし、Googleフォトアプリの設定には、ちょっと気をつけておきたい。まず、保存するサイズ。「高画質」を選ぶと16メガピクセル相当まで圧縮されるのだが、普通はこれで十分だ。この設定なら利用できるストレージ容量は無制限となる。「元のサイズ」にするとオリジナルのサイズで保存できるものの、Googleドライブのストレージ容量を消費する。

 もう一つ気をつけておきたいのが、保存時の通信設定だ。「モバイルデータ通信を使用して写真をバックアップ」をオンにすると、データ通信容量を大きく消費する。海外で従量制の通信をしているようなケースでは、標準の容量をあっという間に使い果たしてしまうだろう。

 海外旅行中は、Wi-Fi環境でのみ同期するように設定しておくと安心だ。

Googleフォトの設定は左上の「三」のようなマークで表示されるメニューから。
[画像のクリックで拡大表示]
モバイルデータ通信でバックアップする設定は、写真、動画ともオフにしておくと安心だ。
[画像のクリックで拡大表示]
バックアップする写真のサイズを設定する。一般的には「高画質」で十分だろう。
[画像のクリックで拡大表示]
同じ設定メニューからスマホの空き容量を増やすこともできる。Googleフォトにバックアップした、不要な写真を削除できる。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 旅行の写真をすぐに表示させるには
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る