• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

塩田紳二のモバイルトレンド

結局どんな形状のモバイルPCが生き残るのか

塩田 紳二=テクニカルライター 2017/09/08 ITpro
2016年は違う形状のPC4台を購入した
(撮影:塩田 紳二))
[画像のクリックで拡大表示]

 2016年、筆者は4台のモバイルPCを購入しましたが、その中でいくつか学んだことがあります。

 購入した4台というのは、「デタッチャブル2in1(タッチ、ペン対応。『HP x2 210 G2』背面カメラ付き)」「コンバーチブル2in1(タッチ、ペン対応。『Lenovo YOGA BOOK』」「ピュアタブレット(タッチ、ペン対応。『HP Envy note 8 tablet』」「クラムシェル(タッチ、ペン非対応。『dynabook RZ83/V』」という形状でした。

 つまり、主要な形状のPCを一通り入手しました。

 これらの形状(「フォームファクター」と呼ばれることもあります)について、簡単に説明しておきましょう。「デタッチャブル2in1」とはキーボード部を取り外してタブレット形状にする2in1のことで、これに対して、「コンバーチブル2in1」は、形状がタブレットからクラムシェルに変形するものをいいます。

 「ピュアタブレット」とは、板状のコンピュータです。ただし、製品によっては、デタッチャブル2in1のキーボード部分をオプションなどとして販売することもあり、デタッチャブル2in1との境界はあいまいです。ここでは、機械的なキーボードとPC本体の合体機構や、キーボードと本体の電気的な接続構造などを持たず、スタンドなどの自立構造も備えていないもの、とします。

 「クラムシェル」は液晶部を閉じる、いわゆるラップトップやノートPCの形状です。

 ピュアタブレットとクラムシェルを両端と考えると、2in1はその間に位置する存在です。このとき、ピュアタブレットに近いのが「デタッチャブル2in1」で、クラムシェルに近い位置にあるのが「コンバーチブル2in1」といえるでしょう。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    戸籍のマイナンバー対応を阻む2つの壁

     住民票と並んで個人にとってなじみの深い公的書類に戸籍がある。その戸籍をマイナンバーに対応させるための法制化の取り組みが本格化した。住民票や課税証明書と同様に、マイナンバーに基づく情報連携によって行政機関への戸籍謄抄本の提出を不要にして、国民の利便性向上と行政事務の効率化につなげるのが狙いだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る