【伊藤浩一のモバイルライフ応援日記】

世界初というAIプロセッサーの実力は?HUAWEI Mate 10 Pro

伊藤 浩一=モバイル情報ブロガー 2017/12/08


 みなさん、モバイルしていますか?

 ファーウェイ製のスマートフォンは、リーズナブルな価格のハイエンド機種と、さらにliteバージョンを同時にリリースして、高いコストパフォーマンスを発揮しています。他社が追随できないほどの新機種をリリースしていることも特徴です。

 そのファーウェイが、ハイエンドの新機種をリリースしました。世界初をうたう技術を惜しげなく注ぎ込んだ「HUAWEI Mate 10 Pro」です。

HUAWEI Mate 10
(撮影:伊藤 浩一、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Mate 10 Proは、NPU(Neural network Processing Unit)と呼ぶAI機能を持つとされるファーウェイ独自のチップセット「Kirin 970」を搭載したスマートフォンです。NPU搭載のメリットはいくつかあります。

 まず、ユーザーに合わせて処理を学びながら最適化していくため、処理速度の向上と省エネになります。このAI機能と4000mAhのバッテリーによって、バッテリーはヘビーユーザーでも1日以上、普通のユーザーなら2日間持つと、ファーウェイからアナウンスがありました。

バッテリー管理画面
[画像のクリックで拡大表示]

この続きはITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

会員登録をするとITproのすべての記事がご覧いただけます。ぜひ登録をお願いします。



あなたにお薦め

  • 

連載新着

連載目次を見る

  • 
    

現在のアクセスランキング

ランキング一覧を見る