• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

伊藤浩一のモバイルライフ応援日記

フランスからポップなデザインのスマートフォンTommyがやってきた

伊藤 浩一=モバイル情報ブロガー 2017/05/19 ITpro

 みなさん、モバイルしていますか?

 スマートフォンは世界中で、様々な端末がリリースされています。日本市場では日本・中国・韓国・台湾などアジアのメーカーの端末が大半ですが、ヨーロッパ発の端末もあります。今回ご紹介するのは、フランスのメーカー「Wiko」です。

 Wikoってご存知でしょうか。スマートフォンを日常的に利用している筆者でも知らないメーカーでした。Wikoはフランスで人気のメーカーで、フランス国内のシェアは2位です(1位は韓国のサムスン)。2011年にマルセイユで設立され、累計販売台数は1000万台を突破しています。とてもポップなデザインの端末をリリースしています。

 日本へは事業を展開する34カ国目として、2017年に参入しました。日本法人のWiko Japanを設立し、第1弾として発売したのは「Tommy」というカジュアルな端末です。

Wikoが海外でリリースしている端末の例
(出所:Wiko)
[画像のクリックで拡大表示]
Tommyの海外版の広告の例
(出所:Wiko)
[画像のクリックで拡大表示]

 Tommyの実勢価格は約1万5000円(税別)です。スペックは、5インチディスプレイ(1280×720)、CPUはクアッドコア1.3GHz(Snapdragon210)、内蔵RAM2GB、内蔵ROM16GB。メインカメラは800万画素、OSはAndroid 6.0です。SIMカードを2枚挿せるデュアルSIM仕様ですが、同時待ち受けができるDSDSには対応していません。それから、個人的にはジャイロスコープ搭載に注目しました。

パッケージと本体。パッケージのデザインがポップです
(撮影:伊藤 浩一、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
パッケージを開けたところ。ヘッドホンとSIMアダプターが同梱されています
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 最近のミドルエンドからハイエンドに分類される端末...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    トヨタがブロックチェーンに触手を伸ばす理由

     自動運転や人工知能(AI)の研究を手掛けるトヨタの米子会社が、Ethereum(イーサリアム)の企業連合に参加――。2017年5月、ブロックチェーン技術を含む分散台帳技術(DLT:distributed ledger technology)の未来を占う上で興味深いニュースが飛び出した。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る