• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

佐野正弘が斬る!ニュースなアプリの裏側

佐野 正弘=フリーライター 2015/04/14 ITpro

 スマートフォンアプリがインターネットの主要サービスとなりつつある。モバイルとアプリを中心に、ネットサービス、ネットで生じた現象やトラブル、デバイスなどの最新動向について、スマホ黎明期から業界をウォッチしてきた佐野正弘氏が分かりやすく解説する。

目次

  • 沖縄の「IoTごみ箱」実証実験、浮き彫りになったLPWAビジネスの課題

     KDDIと沖縄セルラーは、2017年9月2日から8日にかけて、沖縄県那覇市でIoT向けLTE規格「LTE-M」(Cat-M1)を活用し、繁華街に設置したごみ箱のごみの量を遠隔監視する「IoTごみ箱」の実証実験を実施した。この実証実験から、IoTをビジネスにつなげるための方策と課題を探る。(2017/9/19)

  • 音声アシスタント目白押しの「IFA 2017」、アマゾンとグーグルの思惑とは

     ドイツ・ベルリンで2017年9月1〜6日に開催された「IFA 2017」では、人工知能(AI)を活用した音声アシスタントを搭載したデバイスが多く登場し、注目を集めていた。「Alexa」で先行する米アマゾン・ドット・コムと追う米グーグル、そして両社からライセンスを受けて対応デバイスを提供するメーカー…(2017/9/12)

  • LINE社のスマートスピーカー「WAVE」、先行体験版で実力を検証

     LINE社が開発した独自の人工知能(AI)「Clova(クローバ)」を搭載したスマートスピーカー「WAVE」の先行体験版が発売された。先行体験版ということもあり機能は制限されているが、日本初となるスマートスピーカーの使い勝手はどのようなものだろうか。実際に購入し、試してみた。(2017/9/5)

  • ドコモとフジテレビの5G実証実験、「アイドル×AR」に見る普及への大きな課題

     次世代モバイル通信方式「5G」を活用したサービスの創出に向けた取り組みを進めているNTTドコモ。同社は8月4日に開いたアイドルのライブイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」で、ARを活用した5Gの実証実験とプロモーションを披露した。同イベントから見えてくる5Gの普及に向けた課…(2017/8/29)

  • 設立3年のソラコム、なぜKDDIの子会社になる道を選んだのか

     KDDIは2017年8月2日、IoT向けの通信サービスやソリューションを提供するベンチャー企業のソラコムを子会社化すると発表した。急成長を遂げているソラコムはなぜKDDIの傘下となる道を選んだのか。そしてKDDIがソラコムを買収する狙いはどこにあるのだろうか。(2017/8/22)

  • LINEデリマでデリバリーサービスに再参入、「出前館」を活用する狙いとは

     LINE社は2017年7月26日、2016年に業務提携したデリバリーポータル大手「出前館」のリソースを活用したデリバリーサービス「LINEデリマ」を開始した。メッセンジャーアプリ「LINE」からアクセスし、注文ができる。LINE社は過去にもデリバリーサービスに進出し、撤退した経緯があるが、改めて参…(2017/8/8)

  • ネイティブアプリ全盛の今、ブラウザーゲームに力を入れるヤフーの思惑

     ヤフーは2017年7月18日、アプリではなくWebブラウザーを活用した新しいゲームプラットフォーム「ゲームプラス」を開始した。スマートフォンではアプリによるゲームが全盛の中にあって、ヤフーがブラウザーゲームのプラットフォームを立ち上げるに至った背景には何があるのだろうか。(2017/8/1)

  • 大ブームから1年、ポケモンGOは“オワコン”なのか

     2016年7月の配信直後から大ブームとなり、様々な社会現象をもたらした米ナイアンティックの「ポケモンGO」。あれから約1年が経過した現在、当時のようなブームは見られなくなっていることから“オワコン”(終わったコンテンツ)化を指摘する声も聞かれるようになった。だが本当にそうなのだろうか。(2017/7/25)

  • 消費者に魅力が理解されないIoT、スマートホームにみる販売施策の工夫とは

     IoTは法人向けの分野では大きな盛り上がりを見せつつあるものの、コンシューマー向けとなると現状、関心は決して高いとはいえない状況にある。そうした状況を打開し家庭にIoTを広めるためには、デバイスやネットワーク面の取り組みだけでなく、コンシューマーに使ってもらいやすくするための販売面での工夫が必要な…(2017/7/18)

  • バンドを替えれば腕時計がスマートウォッチに、ソニー「wena wrist」は成功するか

     ソニーは2017年7月3日、電子マネー機能を搭載した腕時計用レザーバンド「wena wrist leather」を12月下旬に発売すると発表した。ヘッドではなくバンドでスマートウォッチ化を実現するwena wrist leatherには新しい可能性を感じる一方で、スマートウォッチの進化としては大き…(2017/7/11)

  • AIへ本格進出するNTTドコモ、先行する海外IT大手にどう対抗するのか

     NTTドコモは2017年6月23日、「AIエージェントAPI」を外部パートナーに提供し、共同でサービス開発する「ドコモAIエージェント・オープンパートナーイニシアティブ」の推進を発表した。並み居るIT大手がAIに力を入れるなかにあって、NTTドコモの勝算はどこにあるのだろうか。(2017/7/4)

  • クラウドAIを打ち出すLINE社、戦略の要は「LINEのアプリレス化」

     メッセンジャーアプリ「LINE」を提供するLINE社は2017年6月15日、LINEの戦略発表イベント「LINE CONFERENCE 2017」を開いた。同社の戦略を見るうえで大きなポイントとなるのは、LINEが他のアプリを必要としない「アプリレス」な環境を作り上げようとしていることだ。(2017/6/26)

  • WWDC 2017で見えたアップルの新戦略、iPhoneやiPadはiOS 11でどう変わる?

     米国時間の2017年6月5〜9日に開催されたアップルの開発者向けイベント「WWDC 2017」。アップルの今後の戦略を見るうえで大きな意味を持つのは新しいiOS「iOS 11」だ。iPad向けの大幅な改良、個人間送金、ARなどにも対応する意欲的なアップデートで、アップルは何を目指すのだろうか。(2017/6/20)

  • ソニーのIoT玩具「toio」、おもちゃに最先端技術を活用する理由

     ソニーが2017年6月1日に発表した玩具のプラットフォーム「toio(トイオ)」が、大きな注目を集めているようだ。様々なセンサー技術を活用して2つのキューブを制御し、柔軟性の高い遊び方ができる。ソニーはなぜ、玩具に最先端技術を活用したのだろうか。(2017/6/13)

  • 南相馬市で原発事故の帰還支援、5G時代到来前にあるべき遠隔医療の姿とは

     ベンチャー企業のメドレーとKDDIは2017年5月18日、福島県南相馬市の病院にタブレットを活用した遠隔診療を提供すると発表した。第5世代移動通信システム(5G)の特性が生かせる分野として注目される遠隔医療だが、現在のネットワーク環境で提供でき、なおかつニーズがある遠隔医療とはどのようなものなのだ…(2017/6/6)

  • AIが主役のGoogle I/O 2017、スマートフォンの次につながる技術進化が見えた

     米グーグルが米国時間の2017年5月17日から開いた開発者向けイベント「Google I/O 2017」。今年は「Googleアシスタント」「Google Home」の日本向け対応が正式に発表されるなど、人工知能(AI)に大きな焦点が当てられたが、ほかにも注目すべき発表があった。発表内容からグーグ…(2017/5/30)

  • 連載開始2年でスマートフォンゲーム市場はどう変わったのか

     スマートフォンの主要コンテンツとして君臨してきたゲーム。2年前の「モンスターストライク」「パズル&ドラゴンズ」の最盛期から、社会現象となった「ポケモンGO」の大ヒット、そして任天堂など大手ゲーム会社の本格参入など、大きな変化の渦に巻き込まれている。ゲーム市場を取り巻く変化を振り返ってみたい。(2017/5/23)

  • 連載開始2年でスマートフォンのコミュニケーションはどう変わったのか

     本連載がスタートしてから今回で100回目を迎える。この2年間でスマートフォンを取り巻くアプリやサービスは大きく変わった。どんな変化を遂げたのか、2回にわたって振り返る。今回はSNSなどのコミュニケーションサービスの在り方について見ていきたい。(2017/5/16)

  • ソニーモバイルの仮想タッチスクリーン端末「Xperia Touch」の魅力と課題

     ソニーモバイルコミュニケーションズが2017年4月20日に発表したスマートプロダクトの第2弾「Xperia Touch」。プロジェクターで投影した映像を直接タッチして操作できるという特徴的な機能を持つ。家族のコミュニケーションの在り方を変える狙いがあるようだが、課題はないのだろうか。(2017/5/9)

  • LPWAで存在感が薄れつつあるビーコン、LINEが積極活用する理由とは

     手軽にスマートフォンとリアルな場所をつないだO2O(Online to Offline)施策を手軽に実現できる手段して、かつて大きな注目を集めた「ビーコン」。LPWAなど新しいIoT通信方式の台頭によって最近では存在感が薄れてしまっている。なぜLINEはビーコンの積極活用に乗り出しているのだろうか…(2017/4/25)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る