• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

佐野正弘が斬る!ニュースなアプリの裏側

日本で出遅れた米アマゾンの「Alexa」、米国での圧倒的な実績を生かせるか

佐野 正弘=フリーライター 2017/11/21 ITpro

 米アマゾン・ドット・コムの日本法人であるアマゾンジャパンは2017年11月8日、音声アシスタント「Amazon Alexa」とスマートスピーカー「Amazon Echo」の記者発表会を開いた。265種類もの豊富な「スキル」や、月額390円から利用できる音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」など、米国での豊富な実績を基にしたサービスの充実度でライバルを圧倒しようとしているアマゾンだが、発表内容からは不安要素も見え隠れする。

ついに日本語対応を実現したAlexa

 米グーグルが「Google Home」、LINE社が「Clova WAVE」で参入したことで、日本でもスマートスピーカーに関する動向が急速に盛り上がりつつある。そうしたなか、ついに正式な日本市場参入を表明したのがアマゾン・ドット・コムである。

 アマゾンは10月2日、既に同社の音声アシスタント「Amazon Alexa」と、それを搭載したスマートスピーカー「Amazon Echo」を、今年中に日本で展開することを明らかにしていた。そして11月8日、アマゾンの日本法人であるアマゾンジャパンは記者発表会を開き、Echoの11月発売を正式に打ち出したのだ。

アマゾンジャパンは11月8日に記者発表会を実施し、AlexaとEchoの日本展開を正式に発表した。写真は同発表会より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本で発売されるEchoは、スタンダードモデルの「Echo」とコンパクトな低価格モデル「Echo dot」、そしてZigBeeによる家電操作に対応した「Echo Plus」の3機種。Echo dot以外はいずれも9月に発表された新型のモデルである。

 3モデルはいずれも、ディスプレイのない典型的なスマートスピーカーである。アマゾンは同じく9月に、「Echo Spot」などディスプレイを搭載したモデルなども発表しているのだが、これらの日本投入は見送られている。やはりアマゾンとしてはあくまで、スマートスピーカーとしてAlexaとEchoを定着させたい狙いがあるといえそうだ。

日本に投入されるのは、「Amazon Echo」など3機種。Echo dot以外はいずれも9月に発表された新機種が投入されるようだ。写真は11月8日の「Amazon Alexa」と「Amazon Echo」記者発表会より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ Echoの日本投入が実現したのは、最大の障壁でも...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    SEの仕事とは?子供にどう説明すべきか悩む

     以前聞いた話だが、30代のあるSEが4歳の娘から「パパはどんな仕事をしているの?」と尋ねられ、とても困ったそうだ。ITやエンジニアという言葉を使っても、おそらく理解してもらえないはず。自分の仕事を分かりやすくかみ砕いて説明するにはどうしたらよいか。悩んだ挙げ句、彼はこんな説明をしたそうだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る