• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

技術で理解するIoT

[Part3 インターネット接続]ゲートウエイか単体か、それが問題だ

新里 祐教=GMOインターネット特命担当技術分析官 2015/03/25 日経NETWORK
出典:日経NETWORK 2015年1月号pp.36-37
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 IoTデバイスは、サイズと消費電力で特性が変わります。ウエアラブルデバイスのように、体に身に着けるモノは、大きさに限界があります。そのサイズを小さくしなければなりません。しかしそうすると、今度は駆動させるバッテリーが問題になります。バッテリーの容量は容積で決まるので、サイズを小さくすると容量が少なくなってしまい、稼働時間が短くなってしまいます。

 例えば米グーグルの眼鏡型デバイス「Google Glass」の内蔵リチウムポリマー電池の容量は570mAh程度といわれています。筆者の実験ではGoogle GlassをWi-Fiに接続して使い続けたところ、約30分ほどでバッテリーが切れてしまいました。

ゲートウエイと直接の2方式

 IoTデバイスは無線でデータをインターネットにあるサーバーとやり取りします。その際、IoTデバイスとインターネットとの接続方法は2つあります(図3-1)。

図3-1●IoTデバイスの接続方式
エンドポイントにあるデバイスがインターネットに接続する方式は2つある。デバイスをまとめるゲートウエイ機器がインターネットに接続する「デバイスゲートウエイ方式」と、デバイス自体が接続機能を備える「直接通信方式」だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 1つが「デバイスゲートウエイ方式」です。モノとして利用するIoTデバイスは、インターネットへのゲートウエイとなる機器とIPを使わずに、BluetoothやZigBeeなどで接続して通信するのです。非IPの通信なので、インターネットとのやり取りをゲートウエイ機器で変換する必要があります。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ IoTデバイスには必要最低限のセンサーなどの機能...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    物流ピンチを商機に、三井不動産がロボット倉庫

     三井不動産は2017年9月13日、倉庫業務を効率化するためのIT関連設備・機器、システムなどを紹介するショールームを千葉県船橋市の同社倉庫内に新設した。自動倉庫システムなど、ITを活用した16種類の設備や機器類を実演展示。コンサルティングも提供して物流業者や荷主企業の取り込みを図る考えだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る