• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

from テレコムインサイド

ドコモのMVNO向け即日MNP機能が判明、「半黒SIM」と「OTA」方式の2種類

玄 忠雄=テレコムインサイド取材班 2015/09/14 テレコムインサイド
出典:テレコムインサイド 読者限定メールマガジン 2015年8月26日号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 NTTドコモ網を使うMVNO(仮想移動体通信事業者)が、これまで実店舗以外では対応できなかった即日MNP(モバイル番号ポータビリティー)対応を続々と進めている。

 例えば、ケイ・オプティコムが9月1日に開始するNTTドコモの回線を使ったプランでは、実店舗以外での即日MNPに対応する。フリービットもMVNEとして「MNPリモートアクティベーション機能」という名称でMVNO向けに仕組みを提供。U-NEXTがこの仕組みで9月から新規契約者向けにサービスを提供する計画を表明している。ビッグローブも同様の機能をスタートする予定だ。

 NTTドコモは「MVNO向け機能は守秘義務があり非公表」としており、具体的な実現方法は明らかにしていない。今回、本誌の取材により、その詳しい内容が判明した。「半黒SIM」と呼ぶ、あらかじめ電話番号や契約の基本情報を書き込んだ非開通のSIMを使う方式と、無線で契約情報を一通り書き込める「OTA(On The Air)」方式の2種類だ。いずれもNTTドコモが提供する顧客情報管理システム「ALADIN」端末で、MVNO向けに一部機能を新たに開放したことで実現した。

 まず「半黒SIM」方式を使った即日MNPは、ネット通販などの販路でSIMを新規契約者宅に郵送する場合を想定している。契約者がSIMの到着後に自らコールセンターに電話するかWebサイトで開通手続きを済ませることで、1時間程度でMNPの乗り換えが完了する。こちらの「半黒SIM」方式は、前述のケイ・オプティコムやフリービット、ビッグローブが利用している。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 具体的には、次のような手順を踏む。まずMNPを希...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る