• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

未来の技術の実験場──シリコンバレーの最先端を追う

GEが小型無人航空機ビジネスを開始!ドローン標準化で世界の覇権を狙う

宮本 和明=米ベンチャークレフ 2014/12/25 ITpro

 米国の巨大企業GEが、ドローン市場に参入した。傘下のGE Venturesがドローンのベンチャー「Airware」に出資し、技術開発を支援する。同時に、GEはドローンを活用したビジネスを展開する。自社でドローンを使うだけでなく、Airwareが開発しているOSで小型無人航空機の標準化を推進する。Googleがスマートフォン事業を、Androidを基盤に展開しているように、GEはドローンのシステムを標準化することで、同市場での覇権を狙っている。

GEはAirwareへ投資

出典: Airware
[画像のクリックで拡大表示]

 GE Venturesは先月、Airwareへの投資を発表した。Airwareはサンフランシスコに拠点を置くベンチャー企業で、ドローン制御装置「Autopilots」を開発している。Autopilotsは、スマートフォンでいえばプロセッサーとOSに相当する。Autopilotsを搭載してドローンを制御するとともに、ドローン間で互換性を持たせる狙いがある。Autopilotsを業界の標準仕様とすることで、ベンダー間で互換性のあるドローンを制作できる。上の写真は、ドローン先頭部にAutopilotsを搭載する作業をしている様子だ。

 GEはAirwareの製品開発や販売を手助けするだけでなく、戦略パートナーとして自らドローンを活用することを公表した。GEはドローンの将来性を高く評価。ドローンを空飛ぶセンサー(Sensors in the Sky)と位置付け、業種別にソリューションを開発する計画だ。石油、ガス、電力、運輸業界で、ドローンの活用を始める。

 具体的には、石油パイプライン、高圧送電線、ウインドタービンなど、フィールド施設の検査にドローンを利用する。GEはこの職種を4D(dull、dirty、dangerous、distant)と呼び、人間が対応するのは適切でなく、ドローンで機械化するとしている。米国版4Kの改善に、ドローンで取り組むプランを描いている。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ Autopilotsとは何か
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    ラオスの古都、そして世界も日本も席巻する中国アプリ

     9月末、遅い夏休みを取って「ラオス」へ旅をしてきました。急に行き先を決めたこともあり、ガイドブックすら読まずに下調べゼロで入国。「一体現地に何があるんだろう」「水は飲めるのか」「治安も不安だ」――。様々なネガティブイメージが頭によぎりつつタラップから降り立った場所は、古都ルアンパバーン。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る