• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

未来の技術の実験場──シリコンバレーの最先端を追う

現金を持たない若者たち、キャッシュはアプリで送るのがエチケット!

宮本 和明=米ベンチャークレフ 2014/12/26 ITpro

 米国の若者は、急速にキャッシュレス化している。例えば、食事代の精算は、スマホアプリで送金する。現金を手渡すと迷惑がられるほどだ。

 この背後には、急速に広がる送金アプリの台頭がある。多くのアプリは送金手数料が無料で、若者たちはこの恩恵にいち早く飛びついた。手数料をアプリ側が負担するのは、会員数を増やすのが狙いだ。しかし現時点では、ビジネスモデルは見えてこない。大きな変革が起こりそうな、米国金融サービスをレポートする。

出典: VentureClef
[画像のクリックで拡大表示]

流れを作った「Venmo」

 先駆けになった企業が、ニューヨークに拠点を置く「Venmo」だ。Venmoは、ピアツーピア支払い(Peer-to-Peer Payments)と呼ばれる金融サービスを提供。会員間で簡単に送金できるうえに、送金内容がフィードに公開される(上の写真)。金融サービスに、ソーシャルネットを取り入れた構成となっている。Venmoは2009年に設立され、2012年には決済クラウド企業「Braintree」に買収された。さらに2013年には、PayPalがBraintreeを買収。現在は、PayPalの親会社eBay傘下で、事業を展開している。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ テキストメッセージを送る感覚で送金
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る