• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

趙 章恩「Korea on the Web」

シリコンバレーの青田買いが韓国にも、IT人材争奪戦が加速

趙 章恩=ITジャーナリスト 2017/08/21 ITpro

 全世界を舞台に、熾烈な人材争奪戦を繰り広げていることで有名なシリコンバレー。その青田買いが韓国にもやってきたようだ。

 韓国の複数の大手新聞によると、シリコンバレーにあるグーグル、アップル、マイクロソフトといった米国のIT企業が、韓国の学部生から博士課程の学生まで、次々と優秀な人材を採用して米国に連れていくのではないかと報じている。

 シリコンバレーのIT企業が興味を持っているのは、韓国でも超難関国立大学であるKAIST(Korea Advanced Institute of Science and Technology)やソウル大学理工学部の学生で、特に半導体の設計など電子工学を研究している学生が人気のようだ。

KAIST大学
(出所 KAIST)
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国の大学は国際学会に論文を投稿してこそ研究実績があるとみなすので、学生でも積極的に英語で論文を投稿する。論文を読んだシリコンバレーのIT企業担当者が学生に連絡し、インターンを提案するケースも増えている。企業が全費用を負担し有給インターンとしてシリコンバレーに招待し、プロジェクトに参加させる。その結果を見て正社員として雇う流れになるという。

 グーグルやアップルは、1日でも早く採用するため、画像面接やメッセンジャー面接で合格させる場合もあるようだ。以前はシリコンバレーで就職したといえば、米国の大学で留学している韓国人学生ばかりだったが、留学経験がない学生まで採用の対象にしている。

 国立大学KAISTのパク・オオク副学長が韓国メディアのインタビューに応じた内容によると、「以前は教授になることを目標としていた優秀な学生が、最近はシリコンバレーをはじめ米国のIT企業に就職することを最優先する傾向が強くなった」という。KAISTは学生の要望に応じて、毎年夏休みにシリコンバレーにあるスタートアップでインターンとして働けるチャンスを提供している。米国IT企業からKAISTに対して学生を推薦してほしいという依頼も増えているそうだ。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 韓国ではもう20年近く就職難が続いている。そのた...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る