• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

美人研究員は見た! ビジネスメール事件簿

受信メールが多すぎる。その原因はあなたにあるかも?

平野 友朗、直井 章子=日本ビジネスメール協会 2016/10/11 ITpro

直井研究員(以下、直井):所長~。毎日メールがたくさん届きます。メールの洪水です。なんでこんなに届くんでしょう。

平野所長(以下、平野):そりゃそうだよ。ビジネスメール研究所だからね。

直井:そうですけど、それでも多いんです。私の一日はメールの処理からスタートします。メールの海をもっとスイスイ泳ぎたいんです。

平野:メールの処理から一日をスタートするのは珍しくないね。では、ちょっと整理しようか。これだけの連絡がメールではなく電話できたらどうかな?

直井:結構、時間がとられそうです。

平野:お客さまからの電話だけでなく、営業や何かの勧誘。そういったものがひっきりなしに、かかってきたらどうだろう?

直井:仕事になりません。

平野:本来、メールも電話も仕事を円滑に進めるためのコミュニケションツールだ。それに足を引っ張られていたら意味がない。

直井:電話に出たら、その時間を拘束されますが、メールはコミュニケーションを取るべきかを受け手サイドで決められます。そう考えると、メールって便利で素晴らしいツールですね。

平野:分かってくれて何よりだ。

直井:でも……多いんです。

平野:今日はその「多い」と感じるメールをどうやったら減らせるか。まずは、そこから考えてみよう。普通に考えたら「届くメールを減らせばいい」と思いがちだ。メルマガを解除するなどもオススメの方法だけど、それだけでは解決しないだろうね。

直井:他にもいい方法があるんですか?

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ まずはメールの通数を減らそう
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    IoTで一石二鳥、オークマが日立Lumadaを活用

     工作機械のオークマは、日立製作所のIoT(インターネット・オブ・シングズ)基盤「Lumada」を新鋭工場「Dream Site2(DS2)」へ導入し、2017年6月に本格稼働する。同社の既存工場と比べて時間あたりに処理できる部品加工の作業量を2倍に増やし、多品種少量生産の効率を高める。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る