• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

「ソーシャル新人類」の不夜城〜10代は何を考えているのか

ゲーム気分で「友達削除」、SNSでデジタル処理される人間関係

高橋 暁子=ITジャーナリスト 2014/08/21 ITpro

 中学生・高校生は、インターネットで築く人間関係に関してどのように考えているのだろうか。NHKが実施した「中学生・高校生の生活と意識調査・2012」からその実情を追ってみた。

 「インターネット上での人間関係についてふだん感じていること」という質問に対しては、「人間関係のトラブルが起きやすい」(29.9%、以下すべて中学生・高校生の平均)、「面と向かって言いにくいことも伝えやすい」(22.8%)、「友達が増える」(21.1%)、「メールの返信や、書き込みをするのが面倒だ」(16.5%)、「自分を表現する場所ができる」(14.7%)、「友達のメールや書き込みが気になってしかたがない」(9.0%)となっている。

 インターネットを友達が増えたり、自分を表現したりする場として肯定的にとらえる一方で、トラブルにつながりやすく面倒と感じる割合も高く、友達には非常に気を遣っていることが分かる。これは、SNSを使う子どもたちの問題を端的に表している。

 SNSを通した人間関係では、相手に気を遣うだけではない。むしろ相手を「数字」としてのみとらえ、非常にドライな割り切りをすることがある。

ゲームをリセットするように「ブロック」

写真1●SNSでブロックや友達削除された側の心理的ダメージは大きい(写真はイメージ)

 SNSでブロックや友達削除をすると、相手から連絡がとれなくなったり、自分のプロフィールや投稿などが相手に見られなくなったりする。一般的には、「ブロック」「友達削除」=「もう友達ではない」とか、「つきあいたくない」ことを意味する行為だ。それだけにブロックや友達削除された側の心理的ダメージは大きい(写真1)。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 中学2年生女子のA奈は、「SNSの友達はむかつい...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    戸籍のマイナンバー対応を阻む2つの壁

     住民票と並んで個人にとってなじみの深い公的書類に戸籍がある。その戸籍をマイナンバーに対応させるための法制化の取り組みが本格化した。住民票や課税証明書と同様に、マイナンバーに基づく情報連携によって行政機関への戸籍謄抄本の提出を不要にして、国民の利便性向上と行政事務の効率化につなげるのが狙いだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る