• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

子どもたちにプログラミングを教えよう!イベントレポート

プログラミング関連の体験コーナーも盛況、ワークショップイベント開催

田島 篤=出版局 2014/09/11 ITpro

 子どものためのワークショップを一堂に集めたイベント「ワークショップコレクション」(主催:NPO法人のCANVAS)が青山学院大学(東京・青山)で2014年8月29~30日に開催された。同イベントは、こどもの創造力や表現力を刺激するワークショップの普及を目的としたもの。毎年1回開催され、今回で10回目となる。

 今回も多彩なワークショップが2日間にわたって開催された。特に今回は、CANVASが全国で展開するプログラミング学習普及プロジェクト「PEG」のワークショップ(体験コーナー)や講演も併せて実施され、多くの子どもや指導者などが参加。プログラミング教育の盛り上がりが実感できたイベントとなった。

 PEG関連のイベントを中心にワークショップを紹介する。親子で参加できたイベントが「手のひらサイズのコンピューター『ラズベリーパイ』で自分だけのゲーム機をつくろう!」。日本でも10万台以上が出荷され、教材用需要が高まっているという小型PCボード「Raspberry Pi」の接続から、その上で動くプログラミング環境「Scratch」を使ったゲームプログラム作成までを盛り込んだ充実した内容だった(写真1)。

写真1●小型PCボード「Raspberry Pi」とプログラミング環境「Scratch」を使ったワークショップの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 プログラミングのワークショップや授業を開催する大人を対象にした講演「おとな向けレクチャー 子どもたちが本物のコンピューターを持つ意味とは?」では、子どもにとってのプログラミング学習やRaspberry Piなどのパーソナルコンピュータを所有する意義についての解説がなされた(写真2)。

写真2●プログラミングワークショップの指導者向けの講演の様子
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ PEG関連のワークショップや展示ではこのほか、小...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【わたしの働き方改革】

    働きやすくするコツ、自分を知ってもらうこと

     ネットワンシステムズで、顧客企業向けに働き方改革をコンサルティングする「ワークスタイル変革チーム」を率いる手塚千佳氏。異業種からIT業界への転職、2度にわたる出産・育児など、様々な経験を重ねてきた。その蓄積が、多様なキャリアを持つ部下を率いながら顧客企業の働き方改革を支援する今の仕事に生きている。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る