• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

木村岳史の極言暴論!

「客は社長、あなたです!」、IT部門任せにしたシステムの末期的惨状

木村 岳史=日経コンピュータ 2017/11/13 日経コンピュータ

 多くの大企業の社長はITについて、とてつもない勘違いをしている。「うちのシステムはなぜこんなにカネ食い虫なのか」と彼らはいつもボヤく。「生産現場や営業現場が頑張っているのに、これではシステムのために仕事をしているようなものだ」とも思う。IT部門として立つ瀬が無い。問題は、その原因を作った諸悪の根源が社長自身であると気が付いていないことだ。

 気が付いていないだけならよいが、社長は「うちのIT部門がダメだから、システムが金食い虫になっている」などと思っている。IT部門としてはますます立つ瀬が無い。だがIT部門をダメにして、システムを金食い虫にしたのは「ITを分からない」歴代の社長たちである。にもかかわらず、何ゆえにIT部門という現場の問題だと勘違いできるのか、不思議な話である。

 実は「不思議な話」などとのん気に言っている場合ではない。多くの日本企業、特に製造業で基幹系システムやIT部門が末期的惨状を呈している。別に大げさに言っているわけではない。担当者が1人しかいない「ひとり情シス」化が大企業でも進行し、IT部員が複数いても担当別に割り振れば1人しかいないというケースはザラだ。さらに、システムの保守運用を丸投げしていたITベンダーに逃げられるという“珍事”も多発している。

 恐ろしいのは、システムの現場が末期的状況になっているにもかかわらず、社長が「まだまだIT部門の現場力が足りない」などと底無しの勘違いをしていることだ。もう限界、というかレッドライン(越えてはいけない一線)を越えるほどリストラしているのに、「攻めのITに予算を回すために、現場の創意工夫で(金食い虫の)基幹系システムのコストをもっと削れ」と言い出したりするから、本当に恐ろしい。

 で、その攻めのITだが、最近はもちろんデジタルビジネス関連の投資。ITを分からなかった社長も、世の中のブームにあおられてITならぬデジタルに目覚め、IT部門とは別にデジタル専門組織を新設したりしている。だが後で書くが、ここでも基幹系システムやIT部門に対する勘違いと同様のことをしでかしている。既に「デジタル関連の企画がしょぼい。うちのデジタル組織じゃダメか」とボヤキ出した社長もいると聞く。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    戸籍のマイナンバー対応を阻む2つの壁

     住民票と並んで個人にとってなじみの深い公的書類に戸籍がある。その戸籍をマイナンバーに対応させるための法制化の取り組みが本格化した。住民票や課税証明書と同様に、マイナンバーに基づく情報連携によって行政機関への戸籍謄抄本の提出を不要にして、国民の利便性向上と行政事務の効率化につなげるのが狙いだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る