• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

木村岳史の極言暴論!

SIザウルス滅亡近し、巨大化し無能になるITベンダーの末路

木村 岳史=日経コンピュータ 2016/03/14 日経コンピュータ

 タイトルを見て「SIザウルスって何なんだ」と思った人はおそらく、このコラム「極言暴論」を初めてか、数回読んだだけだろうと推測する。毎回読んでいる読者なら「あれのことね」とすぐにピンと来るはずだ。あれとは当然、SIerのことだ。もちろん「ITベンダー」もSIerのこと。つまり重複見出しであるが、今回のポイントは「巨大化し無能になる」である。

 ご存知の通り、私は「SIerの余命は5年」説を唱えている(関連記事:SIerの余命は5年、オオカミは本当にやって来る)。IT業界の中にも同様の主張をする識者がいるが、そうした主張はどちらかと言うと“願望”。「多重下請け構造に依拠した人月商売は無くなってほしい」との思いが生む主張だ。私もその願望を共有するが、私の余命5年説は客観的な予測に基づくものだ。

 で、今回の記事だが、同じ事を書こうというわけではない。実は、SIerは巨大化しすぎた。いわゆる“3000億円倶楽部”、売上高3000億円以上のSIerはもちろん、1000億円クラスのSIerですら、下請けのITベンダーを使った人月商売では巨大すぎるのだ。その結果、多くのSIerで無能化が進みつつある。ユーザー企業のIT部門は人員削減が進み無能になったが、SIerは巨大化したために無能になるのである。

 要はSIerの恐竜化、SIザウルスである。そして恐竜と同じように、巨大化したSIザウルスは滅亡の時を迎える…。そんな話を書くわけだが、その前に、古くからの読者には極言暴論の原型とも言うべき「SIガラパゴス」の記事を思い出していただきたい(関連記事:日本だけ!「SIガラパゴス」に明日はあるか)。私はこの記事で、世界に類を見ないほど多重下請け構造を発達させた日本のIT業界を、SIガラパゴスと名付けた。

 つまり、SIガラパゴスという日本固有のエコシステム(生態系)の頂点に君臨するSIザウルスは、間もなく滅亡の時を迎える。「SIガラパゴスにSIザウルスとは、例えがふざけすぎている」と呆れる人もいると思うが、実に良い例えなのだ。恐竜絶滅の引き金は巨大隕石の落下だと言われているが、哺乳類の先祖は生き延びた。同様に、SIガラパゴスにも巨大隕石が接近している。では、生き延びるのは誰だろうか。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ いつからかプログラミングは下請け仕事に
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    セキュリティ人材、「IT部門に6年いたら終わり」

     東京オリンピック・パラリンピックを迎える2020年、セキュリティ人材が19万人以上足りない――。政府の内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)はこの危機感の下、経済産業省や総務省、文科省とともに明日からの2017年度、セキュリティ人材の育成を加速させる。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る