• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

アジャイルの流儀で英語に挑戦!

[米国企業入社編2]外資系企業に入って英語力がかえって衰えた理由

牛尾 剛 2016/02/16 日経コンピュータ

 英語をマスターすることを目指して日々奮闘しているエンジニアの筆者は2015年に、念願かなって英語を日々使う仕事に就くことができました。

 前回(一介のエンジニアから、世界を股にかけるエバンジェリストへ!)はそこに至るまでの2回の失敗や、英語での履歴書や面接についてお話ししました。

 今回からは、外資系企業に実際に勤めて感じた経験を中心に紹介します。一口に外資系企業といっても、英語を使う頻度は様々だと思います。あくまで一つの例だと思って、楽しんでいただければ幸いです。

英語づくしなのに、英語力は衰えた?

 筆者は日本に勤務しており、海外に住んでいる人ほどの頻度では英語を使いません。それでも、米マイクロソフトのDevOpsエバンジェリストというインターナショナルなポジションに就いているので、同僚とのコミュニケーションは確実に英語です。

スペインで同僚と
[画像のクリックで拡大表示]

 日本マイクロソフトのエバンジェリストのチーム会議にも毎週出席していますが、ここでも基本英語です。面白くて親切で最高に頭の切れるDrewというアメリカ人が、テクニカルエバンジェリストのトップを務めています。

 仕事で毎日英語を使う環境にいることができて、筆者はとても幸せです。一方で、今まで英語環境で仕事をした経験がないだけに、いまだに「あー、わし英語全然ダメやなー」と思う場面がたびたびあります。

 以前は「英語を毎日使っていると、だんだんできるようになるだろう」という幻想を抱いていました。実際に経験してみると、必ずしもそうとは言えないなと感じます。確かに慣れてはくるのですが、むしろ「英語力が衰えたんじゃないか?」と思うこともあるくらいです。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 大量の英文メールに「死ぬかもしれない」
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る