• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

セキュリティ・ホットトピックス

PCに“鉄壁の守り”を[2] 外付けストレージ、ソフトウエア暗号化なら無料でできる

大橋 源一郎=日経Linux編集、斎藤 幾郎=ライター、岩元 直久=ライター 2015/05/27 日経パソコン
出典:日経パソコン 2015年1月12日号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 多くの人がデータの持ち運びに使っているUSBメモリーや外付けハードディスクにも、情報流出の危険性がある。日本ネットワークセキュリティ協会が、約2万人を調査した結果によると、2012年には全体の2.9%の人がUSBメモリーなどの紛失・盗難に遭っている。

 最近のUSBメモリーや外付けハードディスクは容量が大きいので、紛失時の損害も大きい。もし無くしても拾った人に悪用されないよう、大事なデータは必ず暗号化しよう。

BitLockerで全体を暗号化

 暗号化にはソフトウエア暗号化とハードウエア暗号化がある(図1)。

●CPUによるソフトウエア暗号化と専用チップで行うハードウエア暗号化
図1 外付けハードディスクやUSBメモリーの暗号化には、ソフトとハードの2方式がある。ソフトウエア暗号化はCPUで暗号化処理をするので、どんなストレージでも使えるがCPUに負荷が掛かる。ハードウエア暗号化はパソコンに負荷が掛からないが、製品が少し高価になる
[画像のクリックで拡大表示]

 まずソフトウエア暗号化の方法を見て行く。「EFS」は、ファイルやフォルダー単位のソフトウエア暗号化だ。一方、USBメモリーなどの場合は、ドライブ全体を暗号化するのがお勧め。これなら、保存したファイルを自動的に全て暗号化できる。

 ここではまず、Windows 8.1 Pro、Windows 7 Ultimate、同Enterpriseが標準で備えている暗号化の機能「BitLocker」を紹介する。USBメモリーを例に紹介するが、外付けハードディスクでも操作は同じだ。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 使い方は簡単。暗号化したいドライブを右クリックし...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る