• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース解説

LINEが国情研と次世代AIを共同開発、人材不足に産官連携で臨む

玄 忠雄=日経コンピュータ 2017/12/08 日経コンピュータ

 LINEと国立情報学研究所(NII)が柔軟性を備えた次世代AIを共同開発する。背景にあるのは、AIの研究者不足という厳しい現実。産官連携を通じてAIの開発力を高め、欧米勢に対抗する狙いだ。

 LINEとNIIは2017年11月27日、AI(人工知能)の共同研究で基本合意したと発表した。LINEが研究費を拠出し、NII内に研究拠点を設置。柔軟性を備えたAIや社会課題を解決するAIの研究開発を2018年度から始める。開発した技術はAIスピーカー「Clova WAVE」など「LINEが提供する様々なアプリやデバイスに広く搭載していく」(LINEの出沢剛社長)。

会見で握手する国立情報学研究所の喜連川優所長(左)とLINEの出沢剛社長(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 研究テーマの1つが「ロバストインテリジェンス」と呼ぶ柔軟なAIだ。曖昧な質問に対して、推論を働かせてより親切な受け答えを目指す。現在の一般的なチャットAIは質問が曖昧だと「理解できません」などと聞き返すことが多い。事前に設定したシナリオから外れた会話も苦手だ。

 AIを容易に構築できる技術の開発も目指す。共同研究に参画する京都大学の黒橋禎夫教授は、Webサイトに掲載したFAQ(よくある質問と回答集)からチャットボットを自動構築できる技術を研究中。LINEなどとの共同研究にも成果を持ち込む。

単独ではAI研究をカバーできない

 研究期間は3年以上。実用レベルの成果が上がるのに2~3年かそれ以上を要すると想定する。時間がかかるのを覚悟の上でLINEが共同研究に投資するのは、AIの研究領域が急拡大し、自社単独では追いつかないからだ。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ LINEはAI開発を加速するため、親会社の韓国ネ...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    SEの仕事とは?子供にどう説明すべきか悩む

     以前聞いた話だが、30代のあるSEが4歳の娘から「パパはどんな仕事をしているの?」と尋ねられ、とても困ったそうだ。ITやエンジニアという言葉を使っても、おそらく理解してもらえないはず。自分の仕事を分かりやすくかみ砕いて説明するにはどうしたらよいか。悩んだ挙げ句、彼はこんな説明をしたそうだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る