• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース解説

Watsonの「無料お試し」でIBMは巻き返せるか、激化するAIクラウドの顧客争奪戦

玄 忠雄=日経コンピュータ 2017/11/08 日経コンピュータ

 日本IBMは2017年11月1日、クラウドサービス「IBM Cloud」を一定範囲内で無料・無期限で使えるようにした新たな会員制度「ライト・アカウント」を始めた。米国や英国などで2017年夏から提供していた施策を日本など他の地域にも広げた。

 無料枠を設けた機能は25種類。人工知能(AI)サービス「Watson」が備えるAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)のうち対話や多言語翻訳など6種類と、ソフトウエア実行環境、開発保守ツールなどだ。日本IBMの三沢智光専務執行役員は「利用用途は問わない。WatsonやIBMCloudをビジネスにどう使えるか、幅広い開発者に試してほしい」と話す。

 IBMが新施策で意識するのは、クラウドで先行する米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)と、AI開発で競う米グーグル、米マイクロソフトだ。IBMを含む米大手4社は法人向けAI事業の主戦場をクラウドサービスと位置付けて、機能と普及施策で競い合う。

主要なクラウド/AIベンダーの無料お試しAIサービス
4社は「お試し無料枠」でも競う
[画像のクリックで拡大表示]

出遅れを挽回できるか

 AIサービスの機能で比べると、グーグルは多言語翻訳や画像認識など自社のWebサービスで実績ある機能と同等のものを企業向けに提供。マイクロソフトは約30種類とラインナップで勝負し、IBMは性格分析など他社にない独自性を前面に出す。

 「無料お試し」では、従来1カ月限定のアカウントしかなかったIBMが他の3社より見劣りしていた。マイクロソフトは顔認証など3種類を、グーグルは画像認識など4種類の機能を、それぞれ範囲内であれば無期限で無料提供していた。AWSの無料期間は12カ月だが、お試しでは十分といえる。

 IBMは挽回に向けて「会員登録時のクレジットカード番号の入力を不要にした」(三沢専務執行役員)。競合3社は入力が必須だ。IBMは「導入のハードルを可能な限り下げた」(同)ことで、大企業の利用部門や中堅中小企業を幅広く取り込む狙いだ。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る