• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース解説

VALU騒動で注目されたICOの法的位置づけは?関心高まる新資金調達手法

浅川 直輝=日経コンピュータ 2017/08/25 日経コンピュータ

 ブロックチェーン上で仮想的なコイン(トークン)を発行し、販売することで資金を調達するICO(Initial Coin Offering)が過熱している。ブロックチェーン関連プロジェクトを中心に、数十億~数百億円を調達する例が相次いでいる。

 個人や企業のみならず、ついに国家までもICOの実施計画を明らかにした。エストニアがそうだ(エストニア政府のサイト)。相次ぎ独自トークンが発行される様は、諸侯が利益目当てに競って独自貨幣を発行した中世ヨーロッパをほうふつとさせる。

 個人がトークンを発行する「VALU」の法的な位置づけについて、活発に議論されているが、ここではICO一般について考えてみたい。

トークンに付与される権利次第で位置づけも変わる

 「デジタルトークンの法的位置づけは、ブロックチェーン上で生成した否かは関係なく、トークンの性質によって異なる」。森・濱田松本法律事務所の増島雅和弁護士のVALUについてのコメントは、ICO一般に当てはまる。

 投資した事業の利益を分配する権利がトークンに付与されている場合、トークンは有価証券としての性質を帯びる。

 例えば米証券取引委員会(SEC)が2017年7月25日に公開したレポートは、ICOの一例である「The DAO」のトークンを「Security(有価証券)」とみなし、証券規制法の規制対象になり得ると判断している。The DAOトークンには投資の収益を分配する機能が付与されていたためだ。

 日本の規制法である金融商品取引法(金商法)でも、有価証券とみなす基準は米国とほぼ同じだ。事業の利益を分配する仕組みがあれば、いわゆるファンド規制の対象となる可能性がある。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ ただ日本の法律では、BitcoinやEther(...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【FPGAって何?】

    FPGAはどうやって機能を組み替えるのか

     FPGAは、端的に言えばSRAMと配線の塊と言っても間違いではない。SRAMとはランダムアクセス可能なメモリーの一種で、記憶保持のための動作を必要としない点が特徴だ。なぜ、SRAMを使って回路が作れるのか、といったFPGAの本質的な話を今回は解説する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る