• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース解説

コマツが自前主義を捨てる、ドコモらと建設クラウド提供へ

岡田 薫=日経コンピュータ 2017/07/27 日経コンピュータ

 建設機械メーカーのコマツとNTTドコモ、SAPジャパン、オプティムは2017年10月に建設事業者向けクラウドサービス「LANDLOG(ランドログ)」の提供を始める。4社が出資する新会社を同月に設立して事業を展開する。新会社の出資比率は今後詰める。

写真●左から、SAPジャパンの内田士郎会長、コマツの大橋徹二社長兼CEO、NTTドコモの吉澤和弘社長、オプティムの菅谷俊二社長
[画像のクリックで拡大表示]

 LANDLOGは建設現場の生産性を高めるITツールの提供サービスだ。労働力不足に悩む建設事業者の需要を狙う。ドローン(小型無人機)で測量した3次元データのほか、油圧ショベルやブルドーザーといった建機の稼働データなどをクラウドに蓄積。データを基に最適な施工計画を作成しやすくなる。トラックの稼働データを分析して待機時間を減らすなど、作業工程の改善にも生かせるという。

図●建設会社向けクラウド「LANDLOG」
[画像のクリックで拡大表示]

 施工計画に基づき建機を自動制御するなどの用途も検討する。「建設現場の作業プロセス全体を3次元データでつなぐことで、建設手法を高度にできる」とコマツの大橋徹二社長兼CEO(最高経営責任者)は説明する。

 LANDLOGはAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)を公開し、第三者の企業がアプリを開発できるようにした。これにより建設現場向けアプリを拡充していく。

プラットフォームを目指す

 コマツはこれまで、建設現場向けに独自開発したクラウドサービス「Kom-Connect(コムコネクト)」を提供してきた。LANDLOGの提供を機に、Kom-onnectの一部機能をLANDLOGに移す。コマツの大橋社長は「より多くの顧客にサービスを提供するため、オープンなプラットフォームが必要だと考えた」と狙いを明かす。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ KomConnectはコマツが2015年2月に始...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る