• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース解説

ビッグデータ独占防止に指針、「過剰規制」に危惧も

佐藤 雅哉=日経コンピュータ 2017/06/19 日経コンピュータ

 公正取引委員会は2017年6月6日、ビッグデータの公正な流通や活用を促すため、不当なデータ収集などの行為に独占禁止法を適用する指針を公表した。

 大量のデータを集める力を持つ一部の企業が支配的な立場を使って不当にデータを集めたり囲い込んだりすると、消費者の利益を損ねる恐れがあるとし、独禁法を適用する可能性を示した。

 公取委が念頭に置くのは人工知能(AI)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)、無料ネットサービスなどによる新たな商品やサービスの開発だ。

 例えばAIの要素技術である深層学習を使ったシステムの完成度は、学習させるデータの質と量が左右する。無料SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通じて集めた閲覧履歴や投稿文を分析すれば、消費者の興味や関心事を知ってマーケティングに生かせる。公取委の木尾修文経済調査室長は、データに基づく社会の発展には「全ての企業が公正にデータを収集・利用できる競争環境が必要」と、指針策定の意義を説明した。

公取委が示した、独占禁止法違反となり得る行為の例
[画像のクリックで拡大表示]

 公取委によればデータの不当な収集とは、立場の強い企業が提携関係にある企業に対して一方的にデータを要求する行為だ。支配的なデジタルサービスを提供する企業が顧客に対して必要以上に個人データを要求する行為も該当する可能性があるという。

 公取委は実例として、ドイツ連邦カルテル庁が2016年に米フェイスブックに対して不当性に関する調査を実施したケースを挙げた。個人情報を提供しない利用者がサービスを使えないようにするなど、自社の優位性を乱用した疑いがあると判断したものだ。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【極言暴論スペシャル!】

    「撤退」が3割、システム保守運用の仕事

     久しぶりに「極言暴論スペシャル」をお届けする。今回は、ユーザー企業のIT部門から丸投げされていたシステムの保守運用業務からITベンダーが撤退する動きにについて、読者アンケート調査結果について報告する。その結果は、多くのIT部門にとって背筋が凍るようなものとなった。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る