• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース解説

チャレンジが嫌い?IT人材

島津 忠承=日経SYSTEMS 2017/05/10 日経SYSTEMS

 デジタルビジネスの拡大は時代の要請だが、それを推進するはずのIT人材が及び腰になっている。こんな衝撃的な結果が、情報処理推進機構(IPA)が2017年4月24日に公開した「IT人材白書2017」で明らかになった。

 AI(人工知能)やIoTなどのITを駆使するデジタルビジネスの推進は時代の流れ。これまでの業務システムの開発とは勝手が違うとはいえ、IT人材への期待は大きい。にもかかわらず、肝心のIT人材が新しいことにチャレンジしようという意欲が、5年前の調査よりも大きく下がっている。調査を担当したIPAの山﨑 江津雄氏(IT人材育成本部 IT人材育成企画部 企画グループ)は「コメントに困る結果だ」とこぼす。

「新しい部署や企画を立ち上げたい」が20ポイント以上減少

 IT人材がチャレンジに及び腰になっていることを示す調査結果は、IT人材白書2017の第3部第6章にある。この章では、仕事や職場環境の満足度、仕事内容に対する考え方について30代および40代のIT技術者に尋ねた結果を、2011年度と2016年度で比較している。結果はIT企業、ユーザー企業ごとにまとめられている。

 デジタルビジネスを最も推進すべき立場といえるユーザー企業のIT技術者の結果を見ると、「新しい部署や企画を立ち上げる仕事をしたい」という考え方に「よく当てはまる」または「どちらかと言えば当てはまる」と回答した割合は、2016年度は52.7%だった。2011年度の76.5%と比較して20ポイント以上も減少した(図1)。同様に、「新しい顧客を開拓・獲得する仕事をしたい」という考え方に同意する割合も、2016年度は47.0%と、2011年度の59.8%から13ポイントほど下がっている(図2)。

図1●「新しい部署や企画を立ち上げる仕事をしたい」という考えに対するユーザー企業のIT技術者(30代~40代)の受け止め方(出所:IPA)
[画像のクリックで拡大表示]
図2●「新しい顧客を開拓・獲得する仕事をしたい」という考えに対するユーザー企業のIT技術者(30代~40代)の受け止め方(出所:IPA)
[画像のクリックで拡大表示]

 ユーザーのデジタルビジネスを支援する立場である、IT企業のIT技術者に対する調査結果は、さらに深刻だ。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 例えば、「新しい部署や企画を立ち上げる仕事をした...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る