• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース解説

クラウドで囲い込み合戦始まる

広田 望=日経コンピュータ 2017/04/21 日経コンピュータ

 複数のクラウドを使うマルチクラウド環境の運用・監視サービスを強化するベンダーが相次いでいる。発表した日本IBM、NTTコミュニケーションズ、インターネットイニシアティブ(IIJ)はいずれもクラウド事業者だ。運用・監視サービスで企業を囲い込み、自社クラウドの拡販を狙う。

 日本IBMは2017年4月6日、マルチクラウドとオンプレミスでシステムの設計や一括運用・監視ができるソフト「Cloud Automation Manager」を発表。TivoliやPureApplicationといった運用・監視ソフトを基に開発した。

マルチクラウドの運用・監視サービスの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 人工知能(AI)「Watson」の活用基盤としてクラウドを拡販する日本IBMは、「Amazon Web Ser vices(AWS)やMicrosoft Azureで管理しているデータをIBMのクラウド上でも使いやすくする」(IBMクラウド事業本部の三澤智光取締役専務執行役員)ことが必要だった。同社はAWSと互換性があるストレージやデータ分析のPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)を提供するなど、マルチクラウドによる顧客の囲い込みに力を注ぐ。AWSに流れたかつての自社の顧客を取り戻す狙いもある。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 移行しにくいシステムを引き受ける
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【USBの謎】

    USB給電に異常アリ?粗悪品が生まれる謎

     PCの外部インタフェースとして普及したUSBは、信号の送受信と同時に電源を供給する役割がある。給電側と受電側が折衝し、適切な電力を供給する。ところがUSB Type-Cケーブルによっては、機器の破損につながりかねない挙動を示すという「謎」が存在する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る