• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

News & Trend

迫る「Java 7」のサポート切れ、放置すれば重大事故に

井上 英明=日経コンピュータ 2015/04/07 日経コンピュータ

 Javaの開発・実行環境を開発する米オラクルは2015年4月末のアップデートをもって、最新バージョン「8」の一つ前の「7」の無償サポートを打ち切る。グローバルで9割以上のパソコン上で使われるJavaだが、8の利用者はまだ2割程度という。Javaはサイバー攻撃で狙われやすいソフトの一つであり、7以前の利用者は早急な対策が求められる( 画面1)。

画面1●Java SE 7のサポート切れを呼び掛けるオラクル(同社のWebサイトから引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 オラクルがサポートを打ち切るのは主にパソコン上でJavaを開発・実行するための「Java Platform Standard Edition(Java SE) 7」。同社は2011年7月にJava SE 7をリリースしたタイミングで、無償サポート提供の終了時期(EOL)を2014年7月末とアナウンス。2014年にJava SE 8をリリースした際に7のEOLを若干延期して2015年4月末として確定させた。

 オラクルは基本的に3カ月に一度、バグや脆弱性の修正、機能追加などをまとめたアップデートファイルを提供してきたが、それも4月末の「update 80」で終わる。Java SE 6ではEOL後に修正パッチが出たこともあったが、「原則としてEOL後にパッチは提供しない方針」(日本オラクルの龍野智幸Fusion Middleware事業統括本部 ビジネス推進本部 本部長)。

 影響範囲は広そうだ。日本オラクルによればJavaは米国でエンタープライズ向けパソコンの97%で使われており、日本でも同程度使われているという。その大半のバージョンは7以前とみられる。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ トレンドマイクロが1月から2月にかけて同社のコン...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【夏休みスペシャル 2017】

    IT業界でいまだにあるある?プロジェクト迷走記

     中堅F:この春にうちの部署に配属になってもう3カ月たったけど、仕事は順調かい? 新人O:はい、何とかやっています。でももうすぐ夏期休暇でホッとしています。でも先輩は元気がないですね。 中堅F:取引先といろいろあってね。「なんでこんなに理不尽な目に遭うんだ!」って思うことがときどきあるんだ。

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る