• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

News & Trend

自治体で始まるセキュリティクラウド構築、「1360億円商戦」にITベンダー熱視線

清嶋 直樹=日経コンピュータ 2016/03/25 日経コンピュータ

 全国の地方自治体が、サイバーセキュリティ対策の強化に乗りだしている。総務省が自治体のインターネット接続ポイントを集約し、高度なセキュリティ監視を行う「自治体情報セキュリティクラウド」の構築を推進しているからだ()。マイナンバー制度を利用した事務が今後増えるのを踏まえ、全国一律で安全性を高める。

 いち早く動いたのが和歌山県である。2016年3月15日にITベンダー向け公募型プロポーザルの応募を締め切った。

 他の都道府県も5月頃までに公募・入札を行う見通しで、構築に向けた動きが今後加速する。応札するITベンダー商戦も熱を帯びる。

 財源は総務省の補助金だ。日本年金機構へのサイバー攻撃事件を踏まえ、2015年度補正予算と2016年度当初予算で最大約1360億円を計上している。

 従来は市区町村ごとにネット接続ポイントを用意していたため、一般企業と同様、自治体個別でサイバーセキュリティ対策を行う必要があった。財政力や人材が乏しい中小自治体では独力での防御に限界があり、不正アクセスされるリスクが高かった。

図●「自治体情報セキュリティクラウド」の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 セキュリティクラウドでは、都道府県ごとに専用装置が置かれた場所に接続ポイントを集約。そこで専門人材が対応に当たる。クラウドとつなぐ中小自治体は対策の手間が大幅に減る。

富士電機は無害化、IIJはVDI

 商戦にいち早く名乗りを上げたのが富士電機だ。2月15日に日本IBMと共同で自治体向けサービスを開始。2016年度に200億円の受注を目指す。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ デスクトップ仮想化(VDI)は採用せず、クラウド...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    ラオスの古都、そして世界も日本も席巻する中国アプリ

     9月末、遅い夏休みを取って「ラオス」へ旅をしてきました。急に行き先を決めたこともあり、ガイドブックすら読まずに下調べゼロで入国。「一体現地に何があるんだろう」「水は飲めるのか」「治安も不安だ」――。様々なネガティブイメージが頭によぎりつつタラップから降り立った場所は、古都ルアンパバーン。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る