• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース解説

ITアーキテクトの教科書「ITABoK」、満を持して日本初登場

田中 淳=日経コンピュータ 2017/02/03 日経コンピュータ

 ITアーキテクトに関する公式の教科書と呼ぶべき書籍が日本に初お目見えした。「ITABoK(IT Architecture Body of Knowledge、アイティーエーボック) Version2」日本語版である。ITアーキテクトのスキル定義や育成を支援するIasa(アイサ)日本支部が2017年1月20日、提供を開始した。

 ITABoK日本語版は約500ページから成り、ITアーキテクトの定義や、備えるべき知識・スキルに加えて、ITアーキテクトを企業でどう活用するか、クライアントとどう交流するかに関する「エンゲージメント」やキャリアパスなどをまとめている。

 ITABoKでは、ビジネス戦略の開発・実現をITアーキテクトが備えるべきスキルの重要な柱とするなど、ITアーキテクトの役割を広く定義している。プロジェクトマネジメントの「PMBOK」やビジネスアナリシスの「BABOK」と同様、欧米発の「BOK」の翻訳でもあり、ITABoKの内容は日本の実態と異なっていたり、企業への適用が困難な部分があったりする可能性がある。

 それでも定義があいまいになりがちなITアーキテクトの全体像を把握した上で、自社なりのITアーキテクトの役割を検討し、活用や育成の方針を考える際に役立ちそうだ。

五つの共通スキルを定義

 ITABoKでは、ITアーキテクトを「ビジネスのためのテクノロジーの戦略家」と定義する。クライアントや雇用主に好ましい結果を生み出すために、新しいテクノロジーの適用方法を常に発見できる専門家あるいは専門家集団であり、そのためにビジネスやソフトウエア、インフラストラクチャー、情報、ソリューションの最適化、エンタープライズ・テクノロジー戦略に関する知識やスキルを生かす。

 ITアーキテクトが持つべき共通スキルとして、五つを挙げている(

図●ITアーキテクトが持つべき共通スキル
ITABoK日本語版を基に日経コンピュータ作成
[画像のクリックで拡大表示]

 一つ目の「ビジネステクノロジー戦略」は、テクノロジーを通じたビジネス戦略の開発・実現に使用されるスキルを指す。ビジネスの基本、戦略の開発と適正化、ビジネスの評価、要件の発見と制約分析、などで構成する。ITABoKでは「アーキテクチャースキルの最も重要な柱」と位置付けている。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 二つ目の「ヒューマンダイナミクス」は組織として動...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る