• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース解説

割賦販売法改正でカード決済のIC対応が必須に、1年半後に期限迫るも大手に遅れ

清嶋 直樹=日経コンピュータ 2017/01/18 日経コンピュータ

 POS(販売時点情報管理)システムを運用する流通・サービス業にシステム投資を迫る法律が2016年12月、可決・成立した。クレジットカード業界と加盟店に対する規制を強化する「改正割賦販売法」である。

 同法は流通・サービス業にカード決済端末のIC対応化などを義務付ける(写真1)。2018年6月の施行までに、端末の追加・入れ替えやシステムの更新などを済ませる必要がある。

写真1●改正割賦販売法がカード加盟店に課す主な義務
[画像のクリックで拡大表示]

 日本の店舗でのカード取引は長年、磁気ストライプ決済が主流になっている。セキュリティに難があり、磁気に記録した情報の不正読み取り(スキミング)や偽造カードの作成が容易で、不正使用被害の拡大が問題になっている。同法は端末でカード表面の金属端子を読み取らせる「接触IC」への対応を義務付け、磁気ストライプ決済の排除を目指す(写真2)。

写真2●一般的なクレジットカードの券面。上部にある磁気ストライプではなく、左側の金属端子(接触ICチップ)への対応が義務化される
(出所:三菱UFJニコス)
[画像のクリックで拡大表示]

日本に不正利用集中の懸念

 米ビザによれば、2016年5~7月の日本のクレジット取引全体に占めるIC対応端末決済の割合は18%。欧州の99%やアジア諸国(日本を含む)の60%に比べて低い。IC対応が遅れていた米国は2014年に大統領令でIC対応を推進。10%未満だったIC対応比率を2016年5~7月に32%まで高めた。

 「日本のIC対応が取り残されたままでは、不正使用被害が日本に集中する懸念がある」。割賦販売法を所管する経済産業省で商務情報政策局商務流通保安グループ商取引監督課長を務める坂本里和氏はこう危機感を募らせる。米国でIC対応が進んだことで、日本でも規制強化への機運が高まった。

 実際、不正使用をもくろむ国際犯罪グループは、IC対応が遅れる日本を狙う傾向を強めている。日本クレジット協会によれば、2016年の不正使用額(推計)は年間145億円。2012年の約68億円から2倍に増えた。

大手のIC対応は道半ば

 IC対応は端末台数の多い大手流通業で遅れている。2017年1月時点で、コンビニエンスストア大手3社のセブン-イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートは、いずれも接触ICカードに未対応だ。

 ファミリーマートは検討に着手しているが、担当者は「新しい決済端末の設置やスタッフの教育といった作業は全店で発生する。完了までには数年かかる可能性がある」と説明する。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 「日本では、クレジットカード取引件数全体の7~8...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る