“電子工作の祭典”が開催 Raspberry Pi作品などで賑わう

2016/09/14
安東 一真=日経Linux (筆者執筆記事一覧
出典:日経Linux 2016年10月号p.10-11
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 電子工作やクラフトなど、モノ作りが好きな人が集まるイベント「Maker Faire」が今年も東京ビックサイトで開催された。10年前に米国で始まり、現在は世界各国で開催されている大型イベントだ。電子工作好きにとっては、話題の格安PCボード「Raspberry Pi」などを使って、どんなものが作れるのか、アイデアと刺激を得られる格好の場所になる。今年の注目の作品を紹介しよう。

 モノ作りが好きな人が自分の作品を出展して皆で楽しむイベント「Maker Faire Tokyo 2016」が2016年8月6、7日に東京ビックサイトで開催された。Raspberry Piやマイコンの「mbed」、スマートフォン、ロボットなどいろんな機器を使って、楽しいアイデアを実現する例が目立った。

電池要らずの環境センサー

 電子工作とIoT を楽しむ会「コネクト・ミー」が展示していたのは、家庭菜園監視システム「植物ったー」(図1)。これは電池が不要な「エネルギーハーベスト」を利用したセンサーと見守りロボット、さらにTwitterへ情報を発信するRaspberry Piを組み合わせた作品だ。

図1●電池なしで動くセンサーで家庭菜園を監視
[画像のクリックで拡大表示]

 エネルギーハーベストとは、光や運動、温度差などの環境エネルギーを使って駆動する仕組み。植物ったーでは独EnOcean社のエネルギーハーベスト無線センサー(ロームなどが販売)を使い、気温、湿度、照度、土壌湿度、風速を調べて、無線でRaspberry Piに送信する。Raspberry Piは、土が乾くと「喉が渇いたよ」、水やりをすれば「ありがとう」といったつぶやきをTwitterに投稿する。

 3Dプリンターで作ったロボット「にゃんぼっと」は家庭菜園をいつも気に掛けてくれる存在。1000円以下で変えるWi-Fiモジュール「ESPWROOM- 02」を使ってRaspberry Piと通信し、センサー情報や天気予報情報などを取得する。家庭菜園の状況をしゃべって教えてくれたり、尻尾を振ったりする。

「帰るコール」を自動化

 おうちハック同好会の木村大介氏は、ユカイ工学の家庭用ロボット「BOCCO」を自分なりに便利にした作品を動かしていた(図2)。BOCCOは、自宅にいる子供に親が声のメッセージをスマホから送ったりできるロボット。これを使って木村氏は、妻への「帰るコール」を自動化した。

図2●「帰るコール」を自動化するロボット
[画像のクリックで拡大表示]

 持ち歩いているスマートフォンと、ヤフーのクラウドサービス「my Things」を組み合わせ、自宅の1km以内に自分が近づいたら、BOCCOのサーバーに通知する。これでBOCCOが「もうすぐ帰る」ことを妻に伝えてくれ、食事の仕上げなどが始められる。(忘れがちな)帰るコールを確実に伝える仕組みだ。

 「ロボットなどには興味がない妻も実際に便利に使ってくれている」(木村氏)という。一度、機器の不調などで帰るコールが届かなかったら、妻から苦情を言われたくらいだ。

スマホとつながるSDカード活用
次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITproの豊富なコンテンツをご覧ください。

今週のトピックス-PR-

今日のピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

ITpro Special

アプリケーション/DB/ミドルウエア

>>もっと見る

▲ ページトップ

おすすめムック・書籍[一覧]

600円で始めるラズパイ超入門

Wi-Fi&Bluetoothの機能が付いた「ラズパイZero W」がついに発売されました。Zeroシリーズの買い方、使い方から、初歩の電子工作までをやさしく解説します。音楽プレーヤーやAI自動翻訳マシン、スマホで操作できる戦車も作ってみましょう。

すぐに使いこなせる
Linux超入門

2017年4月にリリースされた「Ubuntu 17.04」を基にして、Linuxの概要、インストールや基本操作、豊富なアプリケーションの利用法などを分かりやすく解説します。

ラズパイマガジン
2017年8月号

自在に動く戦車や扇風機、光るスカイツリー、警報器が光る電車の踏切など、格好良いプラモデルやおもちゃをちょっと改造して、見た目が素敵な作品を作りましょう。600円ラズパイ、700円台ロジアナも活用します。

ラズパイマガジン
2017年6月号

600円PCのラズパイZeroで、手軽でコンパクトな“ちっちゃい”工作に挑戦します。持ち運びが容易なハイレゾ音楽プレーヤーや無線リモコンカーなど。電子工作でありがちがトラブル12種の解決方法も紹介します。

ラズパイマガジン
2017年4月号

本誌オリジナルのGPS拡張ボードの基板付き! 連動特集でGPSの活用法が分かります。電子工作の超入門特集では36ステップ、20以上の作例で基本から応用法までを網羅。コンテストの準グランプリ作品も!

ラズパイマガジン
2017年2月号

Raspberry Piをとことん楽しむための「ラズパイマガジン」2017年2月号です。メイン特集は「ラズパイ工作 パーツ制御法80」。人工知能を使った笑顔判定器も作り、みんなのラズパイコンテストの全50作品を一挙紹介します。

初めてでも使える!Linux超入門
Ubuntu 16.10対応版

誰でもLinuxが楽しめる入門書です。Windowsユーザーから乗り換えても安心なように使い方や活用を基礎から解説しています。定番Linuxである「Ubuntu」の最新版(16.10 日本語 Remix)を付録DVD-ROMに収録しています。

あと3年
古いパソコンが使える本

Linuxを使えば、古いパソコンや使っていないパソコンが最新・最適な状態に復活します。3年から5年の長期間サポートが付いたLinuxによるPC復活方法を、多数の事例を基に分かりやすく解説します。

ラズパイマガジン
2016年12月号

Raspberry Piをとことん楽しむための「ラズパイマガジン」2016年12月号です。メイン特集は「1日で基本から変わる!工作プログラムの作り方」。5ドルラズパイの買い方、携帯音楽機の作り方も指南します。

ラズパイマガジン
2016年10月号

Raspberry Piでとことん遊ぶための「ラズパイマガジン」2016年10月号では、電子工作×ネットがテーマです。15の定石(プログラム+回路)でWeb連携の基本が身に付きます。Windows 10 IoT Coreでは9軸センサーを可視化します。

絶対つまずかない
Linuxサーバー構築ガイド

「Linuxサーバーって、そもそも何なの?」。そんな素朴な疑問にも丁寧に答えるゼロからの入門ガイドです。付録DVD-ROMはサーバーに最適なUbuntu 16.04 LTSをDesktop/Server版を32/64ビットでマルチブートできる完全保存版です。

初めてでも使える!Linux超入門

初心者でもLinuxが楽しめる入門書です。定番Linuxである「Ubuntu」の長期サポート版(16.04 LTS)を付録DVD-ROMに収録しており、DVDドライブのあるパソコンならインストールも簡単。ユニークなフリーソフトなどをすぐ楽しめます。

ラズパイマガジン2016年8月号

隔月刊化から2号目!「暑くなったら扇風機を回す」といった楽しい工作を通じて、電子工作の12の基本パターンを身に付けます。Windowsでもラズパイを動かし、ラズパイ用Linuxは9個の素朴な疑問を解決して、14のフリーソフトを楽しみます。

日経コンピュータ Digital

ITpro partners

イベントINFO -PR-

注目の新刊書籍

好評発売中!



絶対つまずかない Linuxサーバー構築ガイド

5年使える長期サポート版Linuxをマルチ起動で付録DVDに収録。Linuxサーバー入門の決定版!