LinuxでWindowsコードが動く 「.NET Core」正式版リリース

2016/09/29
高橋 秀和=日経Linux (筆者執筆記事一覧
出典:日経Linux 2016年9月号p.8
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

LinuxやmacOSでもWindowsの.NETアプリケーションを動かせる開発・実行環境「.NET Core 1.0」と「ASP.NET Core 1.0」が正式リリースされた。WindowsでUbuntuを動かす「Ubuntu on Windows」と対をなす「LinuxでWindowsアプリケーションを動かす」環境も整いつつある。

図1●オープンソース化したWindowsアプリケーション開発環境「.NET Core」の解説サイト
図1●オープンソース化したWindowsアプリケーション開発環境「.NET Core」の解説サイト
URLは「https://www.microsoft.com/net/core」。Windows以外に、Linux、macOS、およびDocker向けの利用手順が紹介されている。ソースコード共有サービス「GitHub」上にある公式サイトは「https://dotnet.github.io/」。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoft社がオープンソースとして公開した、.NETアプリケーションを動かす開発環境「.NET Core」とWebアプリケーション開発環境の「ASP.NET Core 1.0」。Windowsアプリケーションの動作基盤となる.NET Frameworkのうち、GUIにかかわる部分を省いた開発環境が一通りそろったことになる。WindowsのコンソールアプリケーションやWebアプリケーション開発環境の「ASP.NET」のコードをLinuxやmacOSで開発・実行できる。

 対象とするLinuxディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux(RHEL)をはじめ、Ubuntu、Linux Mint、Debian、Fedora、CentOS、Oracle Linux、そしてopenSUSEと多岐にわたる(図1)。これを受け米Red Hat社は、RHELでの公式サポートを発表。Windows開発者とLinux開発者の垣根はまた一歩ゼロに近づいた。

MSのリポジトリーで配布

 既に正式版をMicrosoft社のリポジトリーを通じてパッケージで簡単に導入できる。.NET Core 1.0をインストールするには、Ubuntuの場合は図2のコマンドでMicrosoft社のリポジトリーを登録してパッケージを導入する。導入後は、「dotnet」コマンドでプロジェクトの作成やコードの実行が可能になる。

図2●.NET Coreのインストール手順
図2●.NET Coreのインストール手順
Ubuntu 16.04 LTSの場合。14.04 LTSの場合はコマンド中の「xenial」を「trusty」にして実行する。
[画像のクリックで拡大表示]

 サンプルコードをGitHubで提供しているので、gitコマンドでダウンロードして試せる。サンプルファイルを実行するには、プログラムコードのあるディレクトリーに移動し、「dotnet restore」コマンドで依存関係を解決してから「dotnet run」コマンドを入力する。

$ cd ~/core/samples/helloworld 
$ dotnet restore 
$ dotnet run 

 これでC#のプログラムコードがコンパイルされ、端末に「Hello World!」が表示される(図3)。

図3●サンプルプログラムの実行例
図3●サンプルプログラムの実行例
C#の.NETプログラムコードがUbuntu上で実行できている。
[画像のクリックで拡大表示]

 新規にプロジェクトを作成するには、任意のディレクトリーで「dotnet new」コマンドを実行する。

$ mkdir dotnetapp 
$ cd dotnetapp 
$ dotnet new 
$ nano Program.cs 

 ひな型の「Program.cs」ファイルにコードを追加していくだけでプログラムを開発できる。

今週のトピックス-PR-

今日のピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

ITpro Special

経営

>>もっと見る

▲ ページトップ

おすすめムック・書籍[一覧]

ラズパイマガジン
2017年4月号

本誌オリジナルのGPS拡張ボードの基板付き! 連動特集でGPSの活用法が分かります。電子工作の超入門特集では36ステップ、20以上の作例で基本から応用法までを網羅。コンテストの準グランプリ作品も!

ラズパイマガジン
2017年2月号

Raspberry Piをとことん楽しむための「ラズパイマガジン」2017年2月号です。メイン特集は「ラズパイ工作 パーツ制御法80」。人工知能を使った笑顔判定器も作り、みんなのラズパイコンテストの全50作品を一挙紹介します。

初めてでも使える!Linux超入門
Ubuntu 16.10対応版

誰でもLinuxが楽しめる入門書です。Windowsユーザーから乗り換えても安心なように使い方や活用を基礎から解説しています。定番Linuxである「Ubuntu」の最新版(16.10 日本語 Remix)を付録DVD-ROMに収録しています。

あと3年
古いパソコンが使える本

Linuxを使えば、古いパソコンや使っていないパソコンが最新・最適な状態に復活します。3年から5年の長期間サポートが付いたLinuxによるPC復活方法を、多数の事例を基に分かりやすく解説します。

ラズパイマガジン
2016年12月号

Raspberry Piをとことん楽しむための「ラズパイマガジン」2016年12月号です。メイン特集は「1日で基本から変わる!工作プログラムの作り方」。5ドルラズパイの買い方、携帯音楽機の作り方も指南します。

ラズパイマガジン
2016年10月号

Raspberry Piでとことん遊ぶための「ラズパイマガジン」2016年10月号では、電子工作×ネットがテーマです。15の定石(プログラム+回路)でWeb連携の基本が身に付きます。Windows 10 IoT Coreでは9軸センサーを可視化します。

絶対つまずかない
Linuxサーバー構築ガイド

「Linuxサーバーって、そもそも何なの?」。そんな素朴な疑問にも丁寧に答えるゼロからの入門ガイドです。付録DVD-ROMはサーバーに最適なUbuntu 16.04 LTSをDesktop/Server版を32/64ビットでマルチブートできる完全保存版です。

初めてでも使える!Linux超入門

初心者でもLinuxが楽しめる入門書です。定番Linuxである「Ubuntu」の長期サポート版(16.04 LTS)を付録DVD-ROMに収録しており、DVDドライブのあるパソコンならインストールも簡単。ユニークなフリーソフトなどをすぐ楽しめます。

ラズパイマガジン2016年8月号

隔月刊化から2号目!「暑くなったら扇風機を回す」といった楽しい工作を通じて、電子工作の12の基本パターンを身に付けます。Windowsでもラズパイを動かし、ラズパイ用Linuxは9個の素朴な疑問を解決して、14のフリーソフトを楽しみます。

Linux入門書大全DVD

日経Linuxの人気ムック本9冊をPDFで収録。1500ページ相当のPDFでLinuxを「学ぶ」「使いこなす」ための全ノウハウが得られます。PDFは誌面のコピー&ペーストが可能。スマホやタブレットでもお読みいただけます。

ラズパイマガジン2016年6月号

隔月刊化となった新装刊号です。特集1は秋葉原で人気のパーツを確実に動かせる17種類の配線図を紹介。特集2はラズパイOSの使い方をWindowsと比べながらやさしく解説します。ラズパイコンテスト2015の全作品も掲載。ラズパイ初心者大歓迎!

ラズパイマガジン2016年春号

5ドル版まで登場したRaspberry Pi(ラズパイ)の最新情報から新OSの設定、サーバー構築、電子工作までを楽しめるムック。失敗を糧にして電子工作を学び、新登場の公式ディスプレイを活用し、本格ロボットを壁に沿って走らせます。

ラズパイ超入門

これから「ラズベリーパイ」を始めたい人のための超入門ムックです。「どこでもラズパイSIMカード」とのセットで、無線LANの環境がない場所でも、ラズパイをネット接続できます。電子工作も、小学校で習った「豆電球の回路」から丁寧に説明します。

日経コンピュータ Digital

ITpro partners

イベントINFO -PR-

注目の新刊書籍

好評発売中!



絶対つまずかない Linuxサーバー構築ガイド

5年使える長期サポート版Linuxをマルチ起動で付録DVDに収録。Linuxサーバー入門の決定版!