• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

情総研レポート

世界競争で勝利を目指す、米国政府と通信キャリアの5G戦略

中村 邦明=情報通信総合研究所 主任研究員 2017/11/24 ITpro

 2017年9月12日から14日にかけて、米国最大のモバイル関連カンファレンス「Mobile World Congress Americas」(MWCA)がサンフランシスコのモスコーニ・センターで開催された。

モスコーニ・センターで開催されたMWCA(筆者撮影、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
MWCAの展示会の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 初日のキーノートの冒頭、米国モバイル業界団体CTIAのCEOであるMeredith Baker氏は「米国が5Gで世界をリードする必要がある」と、世界における5G競争の勝利に向け米国通信業界全体を鼓舞した。

 またMWCAでは米国の通信事業者の主要4社の5G戦略が明らかとなった。固定回線向けに早期導入を目指すVerizonとAT&Tとは対照的に、SprintとT-Mobile USはスマートフォン向けにこだわる姿を見せた。

 本稿では、MWCAで浮き彫りとなった米国の規制当局や通信事業者の5G戦略について解説する。

5Gに向けスモールセル規制緩和を進める米政府

 冒頭でCTIAのBaker氏のコメントを取り上げたが、このようにCTIAが5Gのリーダシップにこだわるのは、5Gが米国に大きな経済効果を生むと期待されているからだ。CTIAの調査によると、5Gにより米国に300万の雇用が生まれ、5,000億ドルの経済成長が実現するとの予測が示されている。

 ただし、この予測では5G技術において米国が世界を席巻することが前提条件となっている。そこでCTIAはMWCAにおいて、米国の通信規制機関であるFCCに対して5Gの発展を促す施策を求めた。特に強く要請したのが「スモールセル規制の緩和」である。

 5Gでは高速大容量通信を実現するために、高周波数帯域(ミリ波)の活用が想定されている。高周波数帯域を活用することで、データ速度やデータ量が劇的に向上する半面、伝送損失が大きく、壁や窓などの障害物に遮られやすい特徴がある。

 この特徴を補うために、小型基地局である「スモールセル」を公共施設などに高密度に設置する必要がある。MWCAでは、このスモールセルに対する規制が5Gの展開を大きく阻害するとの指摘が相次いだ。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 米国では公共施設などにスモールセルを設置するに当...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る