• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
情総研レポート

中国スマホ市場の上位から消えたサムスン、インドと中国の2015年スマホ出荷は合計で5億台超へ

佐藤 仁=情報通信総合研究所 副主任研究員 2016/07/08 ITpro
出典:日経コミュニケーション 2016年6月号 pp.68-69
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

インドのスマートフォン市場は依然として2ケタ成長を続けている。低価格化が進み、ついには「800円スマホ」も登場するなど、価格競争が激しくなっている。一方の中国スマホ市場はメーカー別シェアに異変が見られる。地場メーカーの台頭により、韓国サムスン電子が上位から消えてしまった。両国のスマホ市場を分析する。

 IDC Indiaは2016年2月16日、インドにおける携帯電話出荷台数を発表した。それによると、2015年第4四半期(10〜12月)に出荷されたスマートフォンは前年同期比15.4%増の2560万台だった。インドでは廉価なフィーチャーフォンが依然としてメインであり、出荷全体の60%を占める。それでも年々進むスマホの低価格化によって、通期では前年比28.8%増の1億360万台とついに1億台を突破した。

 インドのスマホ市場では地場メーカーの台頭が著しい。2015年第4四半期のメーカー別シェアでは、マイクロマックス(Micromax)、インテックス(Intex)、ラバ(Lava)など常連の人気地場メーカーが上位につけている(表1)。ただし地場メーカーを合計したシェアは38%となり、前年同期の43%から5ポイント下落した。一方で、2014年第4四半期には15%だった中国メーカーのシェアは2015年第4四半期には22%へと増加した。

表1●インドのスマートフォン出荷台数におけるメーカー別シェア
出典:IDCプレスリリース
[画像のクリックで拡大表示]

 もっとも第4四半期はクリスマスシーズンであり、各メーカーがインドのみならず世界中であらゆるキャンペーンを仕掛けてくる。このため「インドにおいて地場メーカーの人気が落ちて、中国メーカーが台頭している」と判断するのは早計で、もっと長い目で見る必要がある。

インドで“800円スマホ”が登場

 2016年2月、インドで500ルピー(約800円)のスマホが登場した。リンギング・ベルズ(Ringing Bells)という2015年に設立されたばかりの地場メーカーが発売した「Freedom 251」である。初日だけで3万台のオーダーがあり、同社は2016年6月末までに250万台の販売を見込んでいる。

 現在のインドで売れ筋のスマホは100〜300米ドルのミドルレンジ製品である。リンギング・ベルズのような安価な端末が大量に流通してくるようになると、インドでのスマホ普及はますます加速していくだろう。

 2015年第4四半期のシェア4位にランクインしているインテックスも100米ドル以下の3Gスマホを大量に出荷しており、総出荷台数は前年同期比で40.9%増だった。

 インドでは「Make in India」のスローガンを掲げるナレンドラ・モディ首相のイニシアティブの下、国内での端末製造やアプリ開発などを積極的に推進している。これは情報通信技術分野に限らず、あらゆる産業でインドの技術力向上を目指そうとする取り組みである。地場メーカーの多くがインド国内に工場も建設しており、インド人の雇用創出にも貢献している。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 中国の2015年スマホ市場は微増
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    提唱者が解説、なぜ「情報銀行」を設立するか

     GPS(全地球測位システム)データや鉄道の乗降データなど「人の動き」に関するビッグデータを解析し、防災や医療に役立つように可視化する。この一連の研究に取り組むのが柴崎亮介氏だ。個人のデータの蓄積が進めば社会はより良くなるとの考えの下、技術の研究に留まらず「情報銀行」の設立を推進する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る