• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
週末スペシャル

アップルの大人気イヤホン「AirPods」は高音質なのか?

オーディオ評論家がチェック

折原 一也 2017/01/06 日経トレンディネット
出典:日経トレンディネット 2016年12月22日
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 iPhone 7と共に発表されたアップル初の完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」(1万6800円)が、2016年12月19日に発売された。すでに出荷日が6週間後になるなど大人気になっているが、実際の使い勝手はどうなのか。機能性や装着感、そして音質をレビューしていこう。

ついに発売されたアップルのAirPods
[画像のクリックで拡大表示]
イヤホンと専用の充電ケース
[画像のクリックで拡大表示]

ケースに入れて1週間使える

 AirPodsは、充電器を兼ねたポータブルの充電ケースと、そこに収まるイヤホンがセットになっている洗練されたスタイルだ。

 iPhoneとの接続は一般的なワイヤレスイヤホンと同じBluetoothだが、iPhoneの近くでAirPodsのケースを開けると数秒間で存在を認識し、自動的にiPhoneの画面が現れてペアリングを促される。あとは画面の指示どおりに接続するとペアリングが完了する。

 AirPodsの認識からペアリングまで簡単に完了するのは、さすがはアップル製品と思わず感心してしまった。

 音楽の再生にも工夫がある。ケースからAirPodsのイヤホンを取り出し、耳に入れるとイヤホンが作動する。何もせずに取り出し耳に付けた時だけイヤホンから音楽が流れるスタイルは実にスマートだ。しかも耳からイヤホンを外すだけで、音楽が止まる仕組みになっている。

 音楽再生時間は、AirPodsのイヤホン部のみでは5時間だが、複数回充電できるケースに入れるとイヤホン部に充電され、再生時間は合計24時間に伸びる。毎日3時間使った場合でも、1週間以上はバッテリーが持つ計算だ。

 AirPodsを持ち歩くときは、紛失を避けるために充電ケース内に入れる必要がある。だが、この充電ケースがあれば、平日はかばんに入れっぱなしで充電しなくていいなど、実用性は高い。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 完全ワイヤレスだから気持ちいい
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る