• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

週末スペシャル

日本でも「新Apple Watch」の普及が進むワケ

これはもう、超小型ケータイだ

石野 純也 2017/10/06 日経トレンディネット
出典:日経トレンディネット 2017年9月19日
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 新しいiPhoneとともに発売される「Apple Watch Series 3」は、iPhoneのときと同様、日本でも普及する可能性を秘めている。ケータイジャーナリストの石野純也氏が分析した。

 9月12日(米現地時間)にアップルが発表した3世代目の腕時計型端末「Apple Watch Series 3」は、これまで販売してきたApple Watchの中で、もっとも意欲的な製品に仕上がっていた。

ついに「LTEケータイ」になった

 サイズや外観は既存のApple Watchとほぼ同じだが、その中に、スマートフォンでおなじみの高速通信技術のLTEを内蔵。LTE上で音声の通話が可能になるVoLTEにも対応した。これだけの規格をサポートしながら、サイズや外観が変わっていないことが、むしろ驚くべき点といえるだろう。

 つまり、Apple Watch Series 3は、これまでにない「超小型のLTE対応携帯電話」なのだ。

 といっても、もちろんこれは魔法ではなく、きちんとした技術の裏打ちがある。その秘密の一端は、発表会で明かされたが、Apple Watch Series 3は、ディスプレー全体をアンテナとして活用している。これによって、別途スペースを確保してアンテナを埋め込んだりする必要がなくなった。金属素材のボディーに樹脂素材のアンテナラインを埋め込むといった、デザイン変更も避けることができた。

3世代目でついにLTEに対応したApple Watch
[画像のクリックで拡大表示]
近くにiPhoneがなくても、音声通話やデータ通信が使える
[画像のクリックで拡大表示]
竜頭(デジタルクラウン)が赤い点をのぞけば、サイズやデザインはほぼ同じ
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る