• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

週末スペシャル

Microsoft Officeが最近ややこしい、どう選ぶのが得?

種類が多いうえに内容もバラバラ

湯浅 英夫=IT・家電ライター 2017/09/22 日経トレンディネット
出典:日経トレンディネット 2017年9月7日
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 マイクロソフトオフィス(Microsoft Office)とは言わずと知れた、Excel、Word、PowerPoint、Outlookといった仕事でよく使うソフトをセットにしたものだ。このオフィス、最近は種類が多いうえに、ライセンスの内容がバラバラで大変ややこしい。

 主に定額制サービスの「Office 365 Solo」、店頭で売っている「Office 2016」、パソコンに付属している「Office Premium」があるが、それぞれどう違うのか、ここでまとめて整理しよう。違いが分かれば、自分にとってどれを選ぶのが一番得なのか分かるはずだ。

Office 365とは?

 「Office 365」とは、主に企業ユーザー向けのサブスクリプション型サービスのことだ。そのサービスの中に、マイクロソフトオフィスのソフト(Excelなど)の提供も含まれている。ソフトのほかに1TBのオンラインストレージの提供や、プランによって大容量のメールボックスやHDビデオ会議の提供、タブレットやスマートフォン向けオフィスソフトの利用などが含まれる。

Office 365は企業ユーザー向けのサービス
[画像のクリックで拡大表示]

 サブスクリプション型サービスとは、一定額で一定期間利用できるという定額制サービスのことだ。たとえばOffice 365の中の「Office 365 Business Premium」というプランの1年契約タイプなら、1ユーザーあたり月額1360円でこうしたソフトやサービスを1年間利用できる。

 Office 365では、契約中は常に最新バージョンのオフィスソフトを利用できるのが大きなメリットだ。現在は「Excel 2016」「Word 2016」といった末尾に2016が付く「Office 2016」が最新バージョンだが、契約期間中にその次のバージョンのオフィスソフトが登場したら、それを利用できる。

 基本的に企業がマイクロソフトと契約して社員が利用するもので、個人で購入するタイプの製品ではない。会社で、このOffice 365の契約でExcelやWordを使っている人は多いだろう。

●Office 365の特徴
・企業ユーザー向け
・サブスクリプション型
・常に最新バージョンのオフィスソフトを利用できる
・オフィスソフト以外に1TBのオンラインストレージなどのサービスが含まれる

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 個人向けならOffice 365 Solo
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【情総研レポート】

    IT業界が期待する新たな営業手法、インサイドセールス

     勤務先に名前も聞いたことのない会社から電話が入る。出てみるとマンションなどの不動産投資の勧誘だった──。 電話で営業というと、あまり良いイメージがないのは筆者だけではないだろう。だが、こうした手法が姿を変え、今や米国で営業の代表的手段となった。それが「インサイドセールス」だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る