• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

週末スペシャル

「メイドカフェでノマドワーク」が働き方改革の切り札ってホント?

大森 敏行=日経NETWORK 2017/08/04 日経NETWORK

 「メイドカフェ」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか。「お帰りなさいませ、ご主人様」とか「萌え萌えキュン」といった独特のセリフ、あるいはオムライスにケチャップで文字を書いてくれるサービスなどをイメージする人が多いかもしれない。

 ところが、「メイドカフェこそが仕事をする場として最適」と主張しているエンジニアがいる。ビープラウドのシステムクリエーターである石上晋氏だ。同氏は、「メイドカフェがプログラマーのノマド作業に最高な理由」というブログ記事で、メイドカフェがノマドワークに適している理由を挙げている。「電源、Wi-Fi完備の場合が多い」「店員が丁寧」「長時間居やすい」「リピーターに優しい」「疲れたらメイドさんが話してくれる」などだ。

 ただ、ノマドワークに向く店と向かない店があり、店の選択は重要だという。過剰に「萌え」を強調する店は、ノマドワークには避けたほうがよいようだ。石上氏は「秋葉原のノマドに最適なメイドカフェ情報」というページで、秋葉原でノマドワークに適したメイドカフェを紹介している。

 このページで最初に紹介されているのが「橙幻郷」だ。このカフェで石上氏が「メイドカフェでのノマドワーク」を体験できるイベントを開催すると聞いた。そこで、そのイベントに参加し、実際に会社の仕事をしてみることにした。

主催者の所属企業の社長も参加

 イベントは平日の13時から16時まで。当日は会社から電車で秋葉原に移動し、会場の橙幻郷に10分ほど前に到着した。早速、店の外観をデジカメで撮影しようとして、ひどい忘れ物をしたことに気づく。デジカメのデータをパソコンに取り込もうとして、家のパソコンにSDカードを挿しっぱなしにして来てしまったのだ。このままでは写真が撮れない。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る