• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

週末スペシャル

スマホ技術で革新 ファーウェイのPCは日本で売れるか

2機種を投入して本格参入を表明

佐野正弘 2017/07/28 日経トレンディネット
出典:日経トレンディネット 2017年7月12日
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 SIMフリースマートフォン市場で人気のファーウェイが、パソコン市場に本格参入した。これまで販売していた2in1スタイルの後継機「Huawei MateBook E」に加え、新たにウルトラスリムノートの「Huawei MateBook X」を投入。スマートフォンメーカーならではの強みは、パソコン市場でどのように生かされているのか。

2in1に加えウルトラスリムノートも投入

 2017年6月、デュアルカメラを搭載したスマートフォンの「P10」シリーズの最新機種を発表したファーウェイ。SIMフリースマートフォン市場で絶好調な同社が、その勢いでパソコン市場への進出を本格化させた。

 ファーウェイは、2016年にキーボードを着脱できる薄型・軽量の2in1スタイルの「Huawei MateBook」を発売している。この時点でパソコン市場参入を表明していたものの、 このときは機種数が1機種に限られていたこと、タブレットに近い2in1スタイルだったこともあり、準備段階という雰囲気が強かった。

 しかし、ファーウェイ・ジャパンのバイスプレジデントである呉波(ゴ・ハ)氏によれば、初代MateBookの販売は順調で、パソコン市場への本格参入に向け手応えを感じたとのことだ。そこで、2017年7月4日、日本市場に向けて新たに2機種のパソコンを投入することを発表した。

ファーウェイは7月4日に2機種のパソコンを発表。日本のパソコン市場に本格参入することを表明した。写真は7月4日のファーウェイ新製品発表会より
[画像のクリックで拡大表示]

 1つは、MateBookの後継となる2in1スタイルの「Huawei MateBook E」だ。6.9mmの薄型・軽量といった特徴は維持しつつ、CPU性能が向上した。また、前回は別売りだったキーボードカバーが同梱された。

2in1スタイルの新モデル「MateBook E」。薄型・軽量といった特徴はそのままに、性能向上やキーボードカバーの同梱などがなされるなどの進化を遂げている。写真は7月4日のファーウェイ新製品発表会より
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つは、新機軸となるノートパソコン「Huawei MateBook X」だ。こちらは13インチのディスプレーを備えながら、薄さ12.5mmを実現するウルトラスリムノートだ。狭額縁設計によりA4用紙より小さいサイズを実現している。

新たに投入したウルトラスリムノートの「MateBook X」。12.5mmで1.05kgの薄型・軽量さに加え、ディスプレーが13インチながらA4用紙より小さいのが特徴。写真は7月4日のファーウェイ新製品発表会より
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ スマートフォンの技術を取り入れパソコンを革新
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る