• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

週末スペシャル

「家族で得する格安SIM」はどれがいい?[17年初夏]

ケース別におすすめを紹介

松村 武宏 2017/06/09 日経トレンディネット
出典:日経トレンディネット 2017年5月24日
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧
[画像のクリックで拡大表示]

 大手携帯電話会社より通信料金を安くできる格安SIMでは、最近、家族向けの料金プランやオプションサービスを提供するところが増えている。

 注目は、複数回線での「容量シェア」に対応する格安SIMが増えてきたことだ。容量シェアに対応した料金プランに家族全員で乗り換えると、一人ひとりが個別に契約するよりも通信料金を削減できる。容量シェアがある格安SIMは、「家族向け格安SIM」と呼んでも過言ではない。

 また、これまで格安SIMでは月3G〜5GBまでの料金プランが主流で、月10GBを超える大容量プランを提供するところは少なかった。だが、大手携帯電話会社から月20GB以上の大容量プランが登場したことを契機に、格安SIMでも月20GB〜50GBといった大容量プランを選べるところが増えている。

 例えば、NTTドコモで月50GBまでのシェアパックを3人家族で契約している場合、月額料金は2万3000円掛かる(3人とも5分間通話定額のカケホーダイライトプランを選んだ場合)。

 これに対し、同じ家族が「イオンモバイル」(イオンリテール)の容量シェア専用プランに乗り換えると、月50GBまでのプランにおける月額料金は1万2500円になる。ドコモのおよそ半額で済み、1年間では12万6000円もの節約につながるのだ。

 とはいえ、数ある格安SIMのなかから、自分と家族に最適なサービスを選ぶのは難しい。そこで最適な格安SIMを選ぶ上でのポイントをチェックしつつ、後半ではおすすめの格安SIMを紹介したい。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る