• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

週末スペシャル

2万円前後の格安スマホはどれがいい?3機種を比較レビュー

上位モデルの機能も使える

エースラッシュ 2017/02/17 日経トレンディネット
出典:日経トレンディネット 2017年2月3日
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 「スマホで処理が重いゲームを遊ぶわけではないが、激安端末ではやりたいことができるかどうか不安」「長い間使い続けられる性能がほしいが、価格は安いほうがいい」。そんなバランス派に注目して欲しいのが、2万円前後の格安スマホだ。

 この価格帯のスマホは、じっくりとゲームを楽しむというのではなく、必要なときにさっと取り出し、メールやLINEといったコミュニケーションに利用したり、SNSを使ったりするユーザーに適している。

 そのため主な評価ポイントは、長時間メッセージを入力しても疲れない「持ちやすさ」や「使いやすさ」になるだろう。また、よりスマホを使いこなしたい人にとって、カメラや独自機能も重要だ。

 実は、この価格帯の格安スマホには、上位モデルが搭載している独自機能・アプリを組み込んでいるモデルも多い。上位モデルの機能をそのまま使えるのは、非常にうれしい。

 今回は「SAMURAI REI」(プラスワン・マーケティング、2万520円)と「P9 lite」(ファーウェイ、2万4500円)、「ZenFone Go」(ASUS、1万9790円)の3機種を選び、使い勝手やお得さなど比較。最後に総合的な評価をした。

左から「SAMURAI REI」「P9 lite」「ZenFone Go」。3台並べるとZenFone Goの大きさが目立つ
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ スペックや持ちやすさは?
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    人騒がせな標的型攻撃訓練

     複数の健康保険組合が2017年3月上旬、健康保険組合連合会(健保連)を装った不審なメールに関する注意喚起を出した。これだけ聞くとよくある話だが、実は単なる標的型攻撃メールの事件ではない。裏があった。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る