• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

週末スペシャル

これはすごい!分解とパケット解析で分かったAmazon Dash Buttonの「本気度」

新里 祐教=GMOインターネット 特命担当技術分析官 2017/02/17 日経NETWORK
出典:日経NETWORK 2017年2月号p52-56
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 アマゾンジャパンは2016年12月5日、「Amazon Dash Button」(以下Dash Button)を発売した(図1)。ボタンを押すだけで自動的に無線LAN経由でインターネットに接続し、Amazon.co.jpに商品を注文するデバイスである。

図1 Amazon Dash Button
注文する商品ごとにAmazon Dash Buttonを購入する。価格は500円で、初回の商品購入時に購入金額から500円差し引かれて実質無料になる。
[画像のクリックで拡大表示]

 利用者は「Amazonプライム」会員に限られている。Dash Buttonは500円で販売されているが、初回注文時に500円の割り引きが適用されるので、実質無料で利用できる。

 ボタン型のデバイスが無線通信でインターネットにつながり、Webアプリと連携してサービスを提供するDash Buttonの仕組みは、まさにIoTシステムの典型といえる。

 このDash Buttonが、IoTデバイスとしてどのようにデータをやり取りしているのか。以下では、Dash Buttonを使った商品注文の操作を試すと同時に、そのハードウエア構成や通信パケットも見ていこう。

500円では買えないスペック

 筆者が実際に購入したDash Buttonを分解して基板を確認したところ、ハードウエアは非常に高スペックだった(図2)。化粧箱とボタン本体を含めて、実質無料で配布しているとは思えないレベルである。

図2 Amazon Dash Buttonの内部構造
CPUやメモリー、無線LANやBLE対応のBluetoothチップを搭載している。化粧箱付きの製品として価格500円で販売できるスペックではない。
[画像のクリックで拡大表示]

 縦25×横60mmという小さなケースに、無線LANとBluetoothブルートゥースのチップが搭載されていて、汎用的な通信が可能となっている。プロセッサーは、Cortex-M4コアのMCUを搭載。同程度のスペックのデバイスを購入しようとすると、数千円はかかるのが普通だ。

▼MCU Micro Control Unitの略。CPUやメモリー、I/Oなどを組み込んだ集積回路。

 電源は単4電池1本。MCUなどが3.3Vの電圧で駆動するので、1.5Vを3.3Vに昇圧するレギュレーターが実装されている。電池は注文回数にして約1000回はもつという。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ Bluetoothか音波で初期設定
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【わたしの働き方改革】

    働きやすくするコツ、自分を知ってもらうこと

     ネットワンシステムズで、顧客企業向けに働き方改革をコンサルティングする「ワークスタイル変革チーム」を率いる手塚千佳氏。異業種からIT業界への転職、2度にわたる出産・育児など、様々な経験を重ねてきた。その蓄積が、多様なキャリアを持つ部下を率いながら顧客企業の働き方改革を支援する今の仕事に生きている。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る