• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド集

【mkisofs】ISO9660ファイルシステムを作成する

中島 能和=リナックスアカデミー 2014/08/26 日経Linux

mkisofs(8)

ISO9660ファイルシステムを作成する

構文

mkisofs [オプション] -o FILENAME PATHSPEC

オプション

-abstract FILE要約ファイルFILEを指定する
-A APPLICATION_IDボリュームヘッダに書き込まれる文字列APPLICATION_IDを指定する
-biblio FILE 書誌情報ファイルFILEを指定する
-b BOOTIMAGEブートイメージBOOTIMAGEを使ってEl ToritoブータブルCDを作成する
-G BOOTIMAGEブートイメージBOOTIMAGEを使って汎用ブータブルCDを作成する
-c BOOT_CATALOGEl ToritoブータブルCD作成時に使用するブートカタログのパスBOOT_CATALOGを相対パスで指定する(通常ファイル名はboot.catalog)
-copyright FILE 著作権ファイルFILEを指定する
-D深いディレクトリの再配置を行わない
-fシンボリックリンクを追跡する
-Iファイル名を30文字まで使えるようにする
-JISO9660ファイル名(8.3フォーマット)に加えてJolietフォーマットを使用する(Windows互換)
-Lピリオドで始まるファイル名を許容する(通常は「_」に変換される)
-log-file LOG標準エラー出力の代わりにファイルLOGにエラーや警告メッセージを出力する
-m GROBワイルドカード形式で指定したGROBファイルを除外する
-M DEVICE結合するISO9660イメージのパスDEVICEを指定する(SCSIデバイスの場合はcdrecordのdev=オプションの書式で指定する)
-no-bak, -nobakバックアップファイル(「~」「#」を含むファイルまたは「.bak」で終わるファイル)を除外する
-o FILENAME作成するISO9660ファイルシステムイメージ名を指定する
-P PUBLISHER_IDボリュームヘッダに書き込まれるCD-ROMの出版者として文字列PUBLISHER_IDを指定する
-p PREPARED_IDボリュームヘッダに書き込まれるCD-ROMの作成者として文字列PREPARED_IDを指定する
-print-sizeファイルシステムのサイズを予想して終了する
-quiet進捗状況を表示しない
-RRock Ridgeフォーマットを使用する
-rRock Ridgeフォーマットを使用し、ファイルの所有者、所有グループ、パーミッションを適宜変更する
-TRock Ridgeが使用できないシステムでもファイル名が正しく得られるようTRANS.TBLファイルを生成する
-UISO9660標準に違反するファイル名も許可する
-v詳細に出力する
-x PATHCD-ROMの書き込みにパスPATHを除外する
PATHSPECISO9660ファイルシステムにコピーするディレクトリ

説明

CD-Rに書き込むためのISO9660ファイルシステムを作成する。メディアへの書き込みは別のプログラム(ライティングソフト)で行う。ブータブルCDを作成するためのEl Torito形式もサポートしている。

使用例

/dataディレクトリ以下を含むISOイメージファイル/tmp/data.isoを、Windows互換の形式で作成する。

$ mkisofs -r -J -o /tmp/data.iso /data

関連事項

growisofs

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    「空気を読む」ばかりでは強くなれない

     「空気を読めよ」。こんな言葉で失言や失態を指摘された記憶はあるだろうか。器用だったり人好きのする性格だったりすれば、記憶にないかもしれない。筆者もときどき言われるが、あまり気にしていない。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る