• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ITpro Report

SIMフリーのLTE対応で注目の新VAIO「S13」「S11」、法人向け仕様も充実

山口 健太=フリーランスジャーナリスト 2017/09/22 ITpro

 VAIOが2017年9月21日に発表した「VAIO S13」と「VAIO S11」は出先でノートPCを活用するビジネスパーソンをターゲットにSIMロックフリーのLTE通信機能を搭載した、注目のモバイルノートPCだ(写真1)。

写真1●VAIO S13
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 LTE以外にも過去のVAIOシリーズの特徴を受け継いでおり、改善を重ねて完成度を高めたモデルに仕上がっている。本記事では発表会で展示されたモデルの詳細をレポートする。

13型と11型でデザインを共通化

 今回発表した新モデルのうち、13.3型の「VAIO S13」と11.6型の「VAIO S11」の2機種がLTE搭載モデルをラインアップに含んでいる。法人向けモデルは名前が異なり、13型が「VAIO Pro PG」、11型が「VAIO Pro PF」だ。

 従来の「VAIO S11」にもLTE搭載モデルはあったが、異なるチームが13型と11型を設計したため、デザインの方向性が異なっていた。これに対して今回のS13とS11は同じチームが設計。仕様上の共通点が多く、外観だけ見ればS13をそのまま小型化したのがS11という印象だ(写真2)。

写真2●VAIO S11ホワイトモデル
[画像のクリックで拡大表示]

 両者の違いとして、S11では東レ製のカーボン素材「UDカーボン」を天板に採用した(写真3)。11型では特に軽さを求めるユーザーが多く、マグネシウム合金では900g以下を実現するのが困難だったため、価格とのバランスを考慮して採用したという。S11の重さはWi-Fiモデルで約840g、LTEモデルで約860gとなり、手に持ってみると見た目の印象よりも軽く感じた。

写真3●11型モデルのみ天板にUDカーボンを採用
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ ディスプレイを開くと本体後部が持ち上がり、キーボ...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る