• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ITpro Report

ファン待望、Happy Hacking Keyboardに初のBluetoothモデルが登場

西村 岳史=日経コンピュータ 2016/04/12 ITpro

 PFUは2016年4月12日、小型キーボード「Happy Hacking Keyboard」の新モデルとして、「Happy Hacking Keyboard Professional BT」を発表した。シリーズ初のワイヤレスモデルとして、PCだけでなくスマートフォンやタブレットにBluetoothで接続して使える。3モデルあり、直販専用で価格はいずれも2万9700円(税込)。4月25日に発売する。

Bluetooth接続によりスマートフォンやタブレットでも使える「Happy Hacking Keyboard Professional BT」
(撮影:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

 Happy Hacking Keyboardは、フルサイズのキーピッチと深いストロークを維持しながらキーのレイアウトを工夫することでギリギリまで本体サイズを切り詰めたコンパクトさが特徴の製品だ。上位モデルの実勢価格は2万円台半ばから2万円台後半とキーボードとしてはかなり高価であるものの、ほかにはない製品だけに熱烈な愛用者も多い。以前、ITproが実施したキーボードに関するアンケートでも、多くの読者が絶賛する声を寄せていた(ITpro読者の好みが見えた、「キーボードのこだわりポイント」アンケート結果発表)。

 今回のHappy Hacking Keyboard Professional BT(以下HHKB Professional BT)は、最大4台までのマルチペアリング対応のBluetooth 3.0接続。メインのPC以外に、スマホやタブレット、別のノートPCでも同じキーボードを使いたい、といったニーズに応えられるようになった。

 キータッチや配列はこれまでのHHKB Professionalの一連のシリーズと同じだ。配列は英語配列(PD-KB600B)と英語配列の無刻印(キートップに文字表記なし、PD-KB600BN)、日本語配列(PD-KB620B)の3種類ある。どのモデルも本体色は「墨」。白色モデルはない。

Happy Hacking Keyboard Professional BTのパッケージ。光沢色で「BT」と筆書きが入っている
(撮影:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
英語配列、英語配列/無刻印、日本語配列の3モデルある。日本語配列はカーソルキーを備える
(出所:PFU)

 キーのスイッチは従来と同様に静電容量無接点方式を採用。4mmの深いストローク、押下圧45gという軽めのキータッチを受け継いでいる。耐久性の高さも変わりなく、PFUは「3000万回以上の打鍵が可能」とアピール。刻印もインクを染みこませる昇華印刷方式によりはげにくいという。

HHKB Professional BTの英語配列モデル。フルサイズのキーピッチを保ちながらコンパクトにした独特の配列はそのままだ
(撮影:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]
ストロークを確保するため、コンパクトタイプとしては高さがある。高さは3段階に調節可能だ
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
静電容量無接点方式スイッチのサンプル品。このサンプルは高級キーボードの定番品の一つ「REALFORCE」シリーズを手掛ける東プレのもの。左は構成するパーツ。中央は無負荷時、右は押下時のスプリングとラバー

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ HHKBProfessionalBTは、バッテリ...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る