• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

山崎潤一郎のデジタル危険地帯

山崎 潤一郎=ライター 2014/08/06 ITpro

 インターネットやデジタル技術の進化は、我々の生活やビジネスを取り巻く環境を大きく変えています。これによりもたらされる経済・社会構造の変化を「産業革命以来の大変革」と位置づける人もいます。

 しかし、「革命」は、新しい秩序を産み出すと同時に、旧来の仕組みを否定し崩壊に導きます。そしてそこには、これまでに見たこともない危険が、いくつも存在しています。

 そのような時代にあって、私たちは何を信じ、何を拠り所にすればよいのでしょうか。IT分野のライター歴20年の筆者が、その答えを見つけるべく、デジタルとインターネットに関連する出来事やニュースをピックアップし、取材を通じてニュースの向こう側にある真実を掘り下げるべく奮闘します。

 本コラムを通して、筆者とともに革命の本質を見抜き、危険を察知する能力を高めましょう。

目次

  • LINEの「WAVE」、ガッカリしたが今後に期待

     LINEのスマートスピーカー「WAVE」の先行体験版を使い始めてから約10日が経過した。で、その評価はというと、正直言って期待外れ。AmazonやGoogleの同種の製品に負けてほしくないという日本人としての思いが強すぎるのか、先行体験版と割り切ってはいるものの、大きく膨らんだ期待の前にガッカリ感…(2017/9/20)

  • iMac 27インチ 5Kモデル自腹レビュー、Apple独自路線の罠でFireWire機器は全滅

     前編では、導入に至る経緯を紹介した後、新しいiMacの高速起動に驚嘆しつつも、起動音の廃止に落胆したところまでを紹介した。後編では、新iMacの処理速度やUSB-Cポートの互換性について取り上げる。また、起動音廃止に関して、Apple製品に詳しいITジャーナリストの林信行氏の意見も聞いたので、付加…(2017/7/14)

  • iMac 27インチ 5Kモデル自腹レビュー、9年使い倒したMac Proの代わりは務まるか

     自宅で使っているMacのデスクトップ機を約9年ぶりに新機種に入れ替えた。2017年6月発売のiMac 27インチ 5Kディスプレイである。本コラムでは、レガシーなペリフェラルとの決別を余儀なくされた悲喜こもごものストーリーを交えつつ、極めてパーソナルな新iMac導入記をつづってみたい。(2017/7/7)

  • 音もグリグリ回って没入感100%、「VR音響」を実践してみた

     ともすれば映像にばかり注意が向くVRだが、最大限の没入感を得るためには、立体的に構築された「音」も大きな役割を果たしていることを忘れてはならない。視野がグリグリと連続的に変化しているのに、周囲の音がステレオのまま定位していたのではシラケテしまうではないか。VR映像には「VR音響」は必須なのだ。(2017/6/2)

  • AppleとSpotifyはCDの「音圧戦争」を過去のものにするか?

     「Spotify」を始めとする幾つかのストリーミング系の音楽サービスが「ラウドネス基準」を導入し、音楽の音量を強制的に均一化(ノーマライズ)して音源を送出しているという情報がある。本格的なストリーミング配信時代を迎えた今、ラウドネス基準が音楽に与える影響や課題などを論じる。(2017/4/7)

  • AirPodsの音質を有線イヤフォンと徹底比較、落下対策には妥協が必要

     発売日当日に予定通り到着したAppleの無線イヤフォン「AirPods」を年末年始に徹底的に使い込んだ。利便性について言及した前回に続き、後編の今回は、落下対策と音質についてレポートしたい。(2017/1/27)

  • AirPodsは「買い」だ! 幾重にも積み上げた「未体験の利便性」

     Appleのワイヤレスイヤフォン「AirPods」が店頭販売開始日の2016年12月19日に予定通り到着した。このコラムを書くべく年末年始に徹底的に使い込んだ。高くそびえる銀嶺を一気に飛び越えるかのごとき、利便性の飛躍的な向上をどのように文章化すればいいのだろうか。(2017/1/20)

  • アップル vs. 公取委、「iPhone特別扱い」は是正されるのか

     トップ自ら首相に手加減のお願いか──。米アップルのCEOであるティム・クック氏が初来日し、首相官邸で安倍晋三首相と会談をしたというニュースに接したとき、真っ先にこのフレーズが思い浮かんだ。おそらく、公正取引委員会が8月2日に公開した文書「携帯電話市場における競争政策上の課題について」についての数々…(2016/10/28)

  • iPhoneのSiriが企業広告を話す日は来るのか、音声広告と聴覚コンテンツの未来について考える

     ネットの広告というと、サイトやソーシャルメディアなどに表示されるテキスト、画像、動画が一般的。そのような中で、マルチメディアな情報を扱うことのできるネット広告において「音声」に特化した部分が欠落していたことに改めて気付かされた。と同時に、日本を代表する広告会社2社がほぼ同じタイミングで音声広告配信…(2016/7/22)

  • IoTで実現する歌詞カード文化のルネサンス

     思えば、かつては音楽の聴き方としてこれが普通だった。当時、中学生だった筆者は、そうやってサイモン&ガーファンクルの曲から米国の若者が内包する苦悩の一旦を垣間見、キング・クリムゾンが紡ぎだす音と言葉の波動から、ファンタジーと不条理の世界に浸かる歓びを覚えた。そして今、ダウンロードや定額制の音楽配信が…(2016/4/22)

  • IoT狂騒曲──現代のゴールドラッシュで大儲けできるのは誰?

     ゴールドラッシュとは、まさにこのことだ。多くの企業がチャンスを求め「IoT」(Internet of Things)というバズワードに群がる様は、19世紀の米国カリフォルニアで起きた金鉱脈目当ての一大ムーブメントを連想させる。だが、金の採掘で富を得たのは限られた者のみで、多くの開拓者は経済的に破綻…(2016/3/25)

  • エンジニアの幸せのカタチ

     ボサノヴァのリズムを想起する軽快な語り口で、エンジニア向けの勉強会カンファレンス「CROSS 2016」に込めた思いを語る実行委員長の山口亮介氏の話を聞きながら「幸せかぁ...」と空気を振動させない程度の声を発してしまった。「幸せ」という漠然としたキーワードを提示され、記事にまとめるのに苦労するだ…(2016/1/29)

  • スマートロック「Akerun」に見るIoTの時代のものづくり

     設立から1年余のベンチャー企業が開発した「Akerun」(アケルン)というスマートロックに対するメディアの注目度を見ていると、それまでは得体の知れなかった「IoT」というキーワードが「形あるもの」「手に取れるもの」として自分達の前に現れたことに対する安堵感のようなものを感じる。そういう筆者も、これ…(2015/12/4)

  • 愛車をシェアして維持費を削減するカーシェアアプリ「Anyca」の可能性

     あこがれのクルマ「Citroën DS」がいきなり表示されたのには驚いた。今はドイツ車に乗る筆者だが、20年弱をハイドロニューマチック(オイルとガスを利用した独自のサスペンション)のモダンシトロエンと暮らしていた者からすると、この1955年から約20年間製造されたビンテージのモデルは、夢想するだけ…(2015/10/9)

  • IBM Watsonに見る人工知能の進化と人間の未来

     人工知能の進化は人々に「左団扇」のユートピアをもたらすのか、それとも機械に職を奪われ路頭に迷うディストピアな世界が訪れるのか。悶々としていてもしょうがないので、この疑問に何かの糸口を見つけようと向かったのは、ソフトバンクである。なぜソフトバンクなのかというと、IBMの人工知能として名高い「Wats…(2015/9/11)

  • Apple Musicにもの申す! ソーシャル機能の充実なくして音楽配信サービスの明日はない

     Apple Musicが始まって早2カ月が過ぎようとしている。洋楽のメジャー系旧譜ならほぼ見つかるApple Musicのカタログラインナップは、筆者のような70年代ロック大好きオヤジからするとアポロ(ギリシャ神話の音楽の神)が降臨したようなもので、夢のような音楽ライフを謳歌している。ただ、獅子は…(2015/8/21)

  • Apple Watchの進化とアップルのヘルスケア系ビッグデータ戦略

     朝、iPhoneにセットしたアラームで目覚めたその男は、ベッド脇のスツールに手を伸ばした。MagSafeテクノロジーを取り入れた電磁誘導充電装置にピタリと吸い付いたApple Watchを、わずかな磁力にあらがいながら手に取ると、心地よい睡眠の余韻を断ち切るかのような勢いでベッドから這い出した。A…(2015/8/7)

  • 音楽ファンとして「Apple Music」に期待すること

     Apple Music、LINE MUSIC、AWAと立て続けに定額制音楽ストリーミングサービスの開始と発表があった。音楽ファンとしては、カタログが豊富なiTunes Storeの楽曲が定額制で聴き放題になるApple Musicは大歓迎だ。また、日本勢のLINE MUSICやAWAについては、邦…(2015/6/26)

  • Apple Watchのヘルスケアログが世界を制すのか(後編)

     Apple Watchなどのウエアラブル端末から得られるヘルスケア系ログの正確性について言及した前回のコラムから約1カ月を経た。この間、Apple Watchとエムティーアイ製の「カラダフィット」の2種類の活動量計端末を併用して、日々ログ録り活動に精を出している。今回は、前編での予告通り、ヘルスケ…(2015/5/29)

  • Apple Watchのヘルスケアログが世界を制すのか(前編)

    (2015/5/1)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る